ロイヤルウェディングで囁かれる不安

6月7日(木)8時55分 RICON相談ドットコム

ロイヤルウェディングで囁かれる不安

写真を拡大


5月19日、イギリスのヘンリー王子とアメリカの女優メーガン・マークルがロイヤルウェディングを挙げた。

 イギリス国民の誰もが王室の祝事を心より慶んだことだろう。

 しかし、早くも「この結婚、大丈夫?」という声が上がっている。

 周知のことだが、メーガンはバツイチ。かつてのお相手の映画プロデューサーとは7年間の交際を経ての結婚だったが、2年も満たずに離婚。お互いの仕事の都合で別居中にいい役が当たり、十分に自立できる生活を得て取り巻く環境が大好転するや、一方的に婚約指輪と結婚指輪を送り返し別れを告げたという。

 その後、世界のトップゴルファーや有名なシェフとも深い付き合いをするが、そこへ白馬に跨がってはいないが王子様が現れるや、すぐになびいた。彼女の知人によると、

「自由奔放であると同時に実に計算高い女」という。

 結婚早々、ケチをつけるわけではないが、ヘンリー王子の母ダイアナ妃は決して幸せな結婚生活を送っていたとはいえない。でも、兄ウィリアム王子は3人目の子供に恵まれたばかりで幸せいっぱいだ。ヘンリー王子にも母の分も含めてそうあっていただきたいと願うのだが……。



<R記者>

RICON相談ドットコム

「不安」をもっと詳しく

「不安」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ