「闇営業」とは何か? カラテカ入江と特殊詐欺グループの接点は? 宮迫博之・田村亮も巻き添えに

6月7日(金)11時30分 TABLO

カラテカ入江公式ツイッターより

写真を拡大

お笑いコンビ・カラテカ入江慎也(42)が、所属していた吉本興業から契約解除された。事務所を通さずに振り込め詐欺グループ関係のパーティ営業に吉本興業の所属タレントをキャスティングしていたことが『FRIDAY』に報じられたことが原因らしい。

「入江は教祖や大物政治家のように素晴らしい笑顔でハートを掴みますから、営業マンとしても最強だと思います。障害者から箱入り息子まで、幅広い人達と仲良くなっていました。今回の件があっても、営業力で乗り切る明るさと逞しさが入江にはありますよ」(イベント・プロデューサー)

あっけらかんとしているのも問題だが…。

闇営業とは事務所を通さずに個人または個人事務所経由で勝手に仕事を受けてしまうことを指すが、入江は闇営業を常習的に行い、先輩芸人にも「おすそ分け」していたのだろうか。

「やっぱりという感じですね」

と知人は語る。

「怪しい人達と豪遊したり、パーティやライブに来て、お客さんを奪ったりするパーティ屋さんのイメージが強かったですから。吉本興業には、OBも含めて事務所を通さない闇営業のキャスティングをするブローカーは複数います」(カラテカ入江の知人)

最近では、振り込め詐欺グループは、外見上だけでは分からないケースも多いようだ。

「高級キャバクラで豪遊している若社長の半数は、特殊詐欺関係者という話もあります。IT企業やWEB広告会社を装って、会社組織で特殊詐欺をしているのが大半です。入江氏にとっては、単なる羽振りの良いクライアントのひとつだったのかもしれません」(犯罪ジャーナリスト)

本当に分からなかったのだろうか。人脈自慢の入江にとって、そこが分からないのは痛恨のミスなのではないだろうか。

いずれにせよ、振り込め詐欺グループから仕事を受けていたということは、被害者が詐取されたお金の一部をもらっていたということになる。入江には良心の呵責はあるのだろうか。今後の動きに着目したい。(文◎安倍しんのすけ)

TABLO

「詐欺」をもっと詳しく

「詐欺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ