こんなことを考えている!男性のリアルな「プロポーズの準備」

6月7日(金)7時30分 yummy!

6月の第一日曜日は「プロポーズの日」なのですが、男性はプロポーズをする際にはどういった心境でいるものなのでしょうか。
また、実際にプロポーズをするまでには、どういった準備や下調べなどをしているのかなども、ちょっと気になったりもしますよね。
そこで今回は、男性のリアルな「プロポーズの準備」を紹介します。

「タイミング」を決める


付き合っている彼女にプロポーズをしようと決意をしたら、まず一番に考えるのはそのタイミングでしょう。
例えば、彼女の誕生日や付き合い始めた日といった「記念日」にするのか、クリスマスやバレンタインデーなどの「イベントデー」にするのか、そういったことは特に気にせずに「普通の日」にするのか…。
また、自分が大きな仕事などに追われているときや、彼女が忙しそうな状況にあるときには、プロポーズをするのもなかなか難しくなってくるはずです。
そういったことを全て踏まえたうえで、どのタイミングで思いを告げるのがベストなのかを、男性は色々と計りながら決めているものですよ。

「当日のプラン」を練る


プロポーズをする日を決めたのなら、実際にどういった行動を取るのか、当日のプランを練ることが次のポイント。
普通に一日デートをして最後に思いを告げるとか、ディナーに誘ってそこで告白をするなど、より彼女が喜びそうなプランを計画して、「素敵な思い出としても残るものにしたい」と男性も考えているものです。
何も計画しないままでいくとグダグダになってしまう危険性も高いですし、かなり緊張する一日でもあるでしょうから、大まかな流れだけでも決めてスムーズに動けるようにはしておきたいはず。
また、「プロポーズの言葉」もとても大切なものなので、ぶっつけ本番などにはせず、なんとなくどんなことを言うのかは考えていることでしょう。

「指輪」を選んでおく


告白の言葉と共に指輪を渡すというのは、多くの男性が考えるプロポーズの理想の形でもあるでしょう。
彼女の喜ぶ顔や驚く顔が見たいし、成功率が上がるような感じもするので、当日までにちゃんと選んで用意しておきたいはず。
そのためには、さらに前もって、彼女の指輪のサイズはもちろん、どのような指輪を欲しているのかもそれとなくリサーチをしていたりもするもの。
もしも彼氏がそういった指輪に関するような動きを見せてきた場合には、気づいていないふりをしてさりげなくサイズなどを教えてあげるといいかもしれませんね。

「場所」をセッティングしておく


日程もプランも指輪も準備できたのなら、最後は「プロポーズをする場所」を決めてセッティングをします。
夜景の見えるレストランや高級ホテルの一室、ふたりの思い出の地など、感動が高まるような場所を考えて予約をしているはず。
また、「東京タワーが見える場所で跪いて指輪を渡されたい」などと、女性は自分の理想のプロポーズのされ方を頭に描いていたりもします。
そういった理想を彼女が以前に言ったりしていたのなら、なんとかしてその願望を叶えてあげようと頑張ったりもするものですよ。

さいごに


男性にとってもプロポーズは人生においての一大イベントであると言えます。だからこそ、失敗したりしないように色々と準備もするはずなので、女性としてもさりげなく上手にそれをアシストしてあげられたりするといいかもしれませんね。
(山田周平/ライター)

yummy!

「プロポーズ」をもっと詳しく

「プロポーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ