【動画付】新型フェアレディZにレーシングカー譲りのレブインジケーター採用か

6月8日(火)17時10分 MOBY

提供元: MOBY


Zプロト搭載のメーターデモ動画が公開

日産 Z プロト

まもなくモデルチェンジを迎える日産 フェアレディZ。

これまで外装や内装、グレード展開などの情報が伝わってきましたが、2021年5月20日に日産はフェアレディZの次期モデルとみられるZプロトに採用されているメーターのデモンストレーションを公開しました。

新型日産フェアレディZ「400Z」NISMOの予想CGが凄い!ロードスターも


12時位置からはじまるレッドゾーン

出典:NissanNews

公開された動画では、Zプロトが採用しているフル液晶インストルメントパネルのタコメーターがレッドゾーンに突入したときの様子を見ることができます。

レッドゾーンがはじまる7,000回転の目盛りはちょうど12時の位置となっています。

SUPER GT 2020 第6戦 鈴鹿サーキット
No.23 MOTUL AUTECH GT-R

日産のレーシングカーには、シフトアップのタイミングを知らせるインジケーターが備わっていて、エンジン回転数の上昇とともに緑、黄、赤と段階的に色が切り替わっていきます。

これにより、ドライバーは目盛りや針を目で追わなくても、適切なタイミングでシフトアップをすることが可能です。

このレースカーでの仕組みをZプロトのメーターに採用するよう、日産のレーシングドライバー松田次生氏がアドバイスをおこないました。


スポーツ走行に必要な情報を上部に集める

日産 Z プロトに採用されているインストルメントパネル
出典:NissanNews

また、タコメーターは高回転域がメーター上部になるよう設定されています。

スポーツ走行などでの常用回転数が上部に表示させることで、視点移動を最小限に抑えることが可能になります。

インパネ(ダッシュボード・タコメーター)がかっこいい車まとめ|スーパーカーや幻の名車など


レースカー譲りのタコメーターをZプロトへ採用

日産 Z プロトに採用されているインストルメントパネル
出典:NissanNews

新型フェアレディZの次期モデルとみられるZプロトに採用されているこのメーターが新型フェアレディZに採用される可能性は非常に高いと言えるでしょう。

走行距離や航続可能距離なども表示されていることから、市販モデルへ向けた現実的なものだと推測できます。

新型フェアレディZの発売は2021年末から2022年内と予想されており、これらを実際に目にするまで、あとわずかです。

日産次期新型フェアレディZ「400Z」最新情報のすべて

最新「フェアレディZ」中古車情報
本日の在庫数919台
平均価格190万円
本体価格26〜1,580万円
フェアレディZの中古車一覧へ

その他の最新情報

リーク情報多数!トヨタ新型ランドクルーザーも発売間近か

トヨタ次期新型ランドクルーザー300系の最新リーク情報すべて

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

スズキ ジムニーロング(5ドア&3列仕様)に関する最新リーク情報すべて

次期モデルは直6+後輪駆動化?新型CX-5の情報まとめ

マツダ次期新型CX-5に関する最新情報すべて


MOBY

「採用」をもっと詳しく

「採用」のニュース

「採用」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ