生徒を「社会」から切り離すな。オンライン教育が進む中でも忘れてはいけないこと|矢野利裕

6月10日(水)6時0分 FINDERS

Photo by Shutterstock

首都圏でも緊急事態宣言が解除され、学校も再開され始めています。ということで、4月に書いた記事「大混乱を招いた「一斉休校」から1カ月半、現役中高教員はどう対応しているか」の続きのようなつもりで書きます。どのような必然をもって緊急事態宣言や「全国一斉休校」がアナウンスされたのか、正直わからない部分が多いので、当然のことながら、学校再開の必然性もあまり感じないまま、今に至ります。学校再開のタイミングやその仕方については、思ったことがあれば意見はめいっぱい言いますが、組織の人間としては、最終的な決断を信頼して個々の対応をするまでです。

その中で、私自身は後述するような考えもあって、分散登校が始まることには必ずしも反対ではありませんが、教員・保護者ともども、このタイミングでの学校再開に対しては、さまざまな意見が飛び交っています。分散登校では、例えば、余裕のある空間を確保するために、午前/午後に分けて、同じ授業を2回転するようなことが行われます。それだけならまだ理解できるが、休み時間や食事の時間、登下校においても、触れちゃダメ、近寄っちゃダメ、物の貸し借りもダメ、大声で話すのもダメ、とあっては、もはや「学校空間としては破綻しているのでは?」「とても生徒の安全性が確保できるとは言えないのでは?」と考えることはまったく自然なことであり、これまた理解できるところです。

加えて、毎時間の消毒? 消毒はどこからどこまで? 安全確保とは言え私語をいちいち取り締まるのか? などなど、教員サイドも果てしなき対応の可能性に戸惑いがあるように見えます。教員が大声を出さないようにマイク完備が必須だとか、さまざまな議論も出ています。一体、なにが正解なのか。

矢野利裕

批評家/ライター/DJ

1983年、東京都生まれ。批評家、DJ。著書に『SMAPは終わらない』(垣内出版)『ジャニーズと日本』(講談社)、共著に大谷能生・速水健朗・矢野利裕『ジャニ研!』(原書房)、宇佐美毅・千田洋幸編『村上春樹と二十一世紀年代』(おうふう)など。
blog:矢野利裕のEdutainment

「オンライン中心」の学校生活はかなり厳しい

振り返ると、3月、あまりにも唐突に訪れた休校要請により、それぞれの学校ではオンライン授業の可能性が模索されました。各学校は状況が異なる中で情報交換などもしつつ、それぞれに対応していたと思います。結果的に、それなりに上手くいった学校もあれば、ほとんど生徒放置のまま再開を迎えた学校もあると聞きます。前回記事でも指摘したように、各家庭の微細なネット環境の違いを考慮したまま教育機会の平等性を担保することが、それなりに苦労されている印象です。

例えば、スマホを持っておらず、自宅にパソコンが1台しかないとなれば、そのパソコンでテレワークやオンライン会議をする親との関係から、生徒のオンライン学習の時間はかなり制限されます。さらに、その家に兄弟姉妹がいればますます制限はキツくなります。私自身は、そのような事情からリアルタイムの対面授業は行わず/行えず、もっぱら動画や音声の配信で授業を行うことにしています。対面式のやりとりでは、ネット回線の不安定性にもけっこう悩まされました。

このような状況の中、「教育機会の平等性」の理念が悪く作用して、横並びの対応に終始し、初歩的なネット活用にすら踏み出せない例もあったようです。主に公立の学校に対して、「ネット上で課題だけが投げ出され、あとは放置」といった対応を批判する保護者の声もしばしば聞きます。「教育の平等性」に配慮することは重要ですが、その横並び対応が全体的な学習機会の喪失を生み出すのであれば、それは本末転倒なことで、保護者の批判の声も当然と言えます。結局のところ、「一斉休校」の「要請」はなされたものの政府レベルで必要な対策はできていない、という問題に帰着するように思います。

自分のオンライン授業の取り組みが成功しているかどうかは棚上げさせてもらうのですが(トータル及第点だと自己評価していますが、反省点もかなりあります)、さしあたり、中間報告的に感想を書こうと思います。以下は、私の性格や問題意識が色濃い意見だと自覚しているので、どこまで一般化できるかはわかりません。同じ職場でも異なる意見が出ているし、もしかしたら、極端な意見に属するのかもしれません。ただ、そのような意見を表明すること自体に意義があると考え、現時点での率直な実感を書こうと思います。

結論から言うと、従来の形態と比べたとき、オンライン中心の学校生活はかなり厳しいものがあると感じています。その意味では、早く学校が完全再開されてほしい。なぜか。それは、生徒が〈社会〉から切り離されることを強く危惧するからです。

もちろん、従来の学校のありかたにも問題は山積みです。個別の事情で言うと、このオンラインの期間は、学校以外の仕事(こうした執筆活動など)に費やす時間、趣味に費やす時間、睡眠時間、このいずれもが格段に増えました。時間的余裕に関して言えば、部活動が停止したことが大きいですね。逆に言うと、いままでどれだけ学校仕事に拘束されていたのか、ということでもあり、これは、教員の労働問題として引き続き考えるべきものでしょう。

次ページ:改めて問い直される「同じ空間を共有する、同じ時間を過ごす」ことの重要性

---

改めて問い直される「同じ空間を共有する、同じ時間を過ごす」ことの重要性

Photo by Shutterstock

では、なぜ教員業はブラック化しやすいのか。これについても以前、部活動について記事「「酷暑下の部活問題」について現役サッカー部顧問が考えたこと—「正論」をいかに現場に接続できるか」で触れていますが、それは「正論」の言葉だけでは足りないからです。心を込めたつもりの言葉を届けるためには、その言葉を受け取ってもらうだけの関係性が必要になります。その関係性を築くためにこそ——私の問題意識で言えば——身体的な水準での関わりが重要です。話す、聴く、ともに同じ空間を共有する、同じ時間を過ごす。このような身体的な関わりを怠るほうが、長い目で見たとき「面倒」です。教員業においては、このような「身体的な関わり」を合理的な選択として行っているため、ブラック化しがちなのではないか、と思っています。

このことをパラフレーズして考えた時、このオンライン授業期間、次のようなことを思いました。すなわち、「オンライン授業の成立を支えるためにこそ、オンライン以外の奔走が大事だったな」ということ。具体的に言うと、年度末の連絡からオンライン授業の準備にいたるまで、何度各家庭や生徒に電話をしたことか。さらに言えば、動画配信に特化していた関係上、彼らの状況を知ろうとするために、何度オンライン上の個別コミュニケーションをしたことか。ネットにつながっているかつながっていないかもわからないので、その上で何度電話をしたことか。ここだけ切り取ると、あたかも管理下に置きたがっている偏屈な教員のようですが(ある面においては、それはそのとおりなのですが)、私としては、自宅待機をせざるをえない期間、生徒たちが社会からどんどん切り離されていくことの危機感が募っていました。

オンライン授業においては、ここぞとばかり、新型コロナウイルスによって社会がどのようになっているか、この非常時においてなにが起きているか、ということを話したりもします。このような時期、なにを大切にすべきか、「ステイ・ホーム」と言うが、外で働かざるをえない人がいるのだし、むしろ、そういう社会構造に目を向けることが……云々。ただ、そういう話を画面越しでおこなって満足している場合ではなく、きちんと届かせるためにこそ、社会的な感覚を維持してもらい、社会そのものにつなぎとめておくことが大事だと思いました。

オンライン授業には、たくさんの可能性があるでしょう。ICT教育の普及が遅れている日本ではなおさら。動画配信ひとつ取っても、一時停止でき、巻き戻すことができ、繰り返し再生できることは、とても良い。紙を排したやりとりも効率性が良い部分がおおいにある(そのぶん、常にメールチェックをしている煩わしさが半端ないですが)。オンライン授業の魅力を語る人も多くいるし、それは事実なのでしょう。

しかし、私がどうしても引っかかるのは、そのようなオンラインの学校生活を支えるためのオンライン以外の動きが、なかなか表に出てこないことです。個人的には、そのようなシャドーワークを見ないオンライン万能論には、あまり説得力を感じません。顔を見る、話をする、といった身体をともなった部分で初めて保たれる領域があると強く感じます。保守的な立場ではありますが。

次ページ:重要なのは「いかに社会との接続を維持するか」

---

重要なのは「いかに社会との接続を維持するか」

新型コロナウイルス以降、従来的な社会なありかたを見直す論調が出ています。さまざまな場所で、これまでいかに無駄なことが多かったか、ということが問われています。満員電車なんて乗りたくないし、なくすべきことはさっさとなくせばいいと思います。ただ、「合理的」を支える非合理性が存在する、という逆説がありえます。少なくとも、実感としては、オンライン上の関係性を支えるオンライン以外のコミュニケーションが重要だと感じていました。

このように書くと、明るく話したり、ずかずかと心に入り込んでいくような、マッチョなコミュニケーション強者をイメージするかもしれません。実際、「身体的な関わり」なんて、端的にウザかったりもします。ウザいどころか、暴力的な介入になる危うさもすらあるでしょう。しかし、私がイメージしているのは、そういうことでもありません。「誰かがあなたを気にかけているのだ」という素振りが、すでに大事なコミュニケーションとしてあります。死ぬほど学校に来たくない人に対して、教員の権力性に無自覚なまま「学校に行きなさい」と呼びかけるのは、コミュニケーションとしては最低でしょう。しかし、「学校に行きたくない」気持ちに寄り添う素振りで、コミュニケーションそのものを放棄することもまた、最低に近い振る舞いだと思います。

昨今の「コミュニケーション能力」をめぐる議論で話題になるような、プレゼン能力や快活に話すことだけがコミュニケーションではありません。どもりや沈黙の中にもコミュニケーションはあります。どもりや対人恐怖とともにあるようなコミュニケーションがありえます。一概には言えませんが、学校空間が知らず知らずのうちにそのような微細なコミュニケーションを成立させるところもありました。だとすれば、オンライン授業で多く失われるのは、そのような微細なコミュニケーションにともなう社会性の感覚ではないか、と感じています。

実際、詳しくは言えませんが、家庭環境か本人の性格か、みるみる社会性が失われていると思える生徒もいます。9月入学論同様、もしコロナ禍に乗じてオンライン教育を推進する一派がいるならば、生徒たちをどのように社会とつなぎとめるか、という観点を踏まえているかどうかを注視すべきだと思います。私の考えからすると、その観点がないのであれば教育をめぐる議論としては不十分だと思います。

ちなみに、教育現場では、Google Classroomを活用している例を多く聞きますが、そもそも、教育という公共性の高い領域のインフラが民間企業の製品で占めらていること自体に違和感が拭えません。もっと言えば、教室か/オンラインかという二者択一自体が、GAFA以降の時代だからこそ出現する「ニセの問題」だという気すらします。

重要なことは「オンラインに移行するか/しないか」ではありません。どのような状況で授業・生活をするにせよ「いかに社会との接続を維持するか」だと思います。そして、その社会との維持において身体的な関わりが大事なのだ、というのが私の考えです。

以上は、最初に言ったように、私の問題意識や性格が色濃く出た意見かもしれません。ネット上のリンクをクリックするにもメールを開くにも微細なストレスを感じ続ける私は、「もう限界だ!」という感じです。人間関係のストレスも発生するけど、早く生徒とも同僚とも気兼ねなく話がしたいです。この文章はそんな自分の感情を一般化したふうに見せているだけかもしれません。どうでしょう。加えて、学校空間が生み出す暴力ももちろんあると思います。精神科医の斎藤環氏は、「人と人は出会うべきなのか」というnote記事のなかで、「身体」をともなった「臨場性」がはらむ暴力性を指摘しています。大事な指摘だと思います。だから、実際に考えるべきは、斎藤氏が言うように「「オンライン」という選択肢をどの程度受け容れ、社会に「臨場性」をどこまで、どのように回復するべきか」ということだと思います。

とは言え、かねてから「身体的な関わり」を重要視してきた私は、どこまでも「身体の近接性」が手放せないと思ってしまいます。驚くべきことに、と言うべきか、その考えはコロナ禍以降の現在でもあまり変わりません。

FINDERS

「オンライン」をもっと詳しく

「オンライン」のニュース

「オンライン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ