キアヌ・リーブスに新たなる法則が!?女性と一緒に写真を撮るときにあえて手を浮かせていたことが判明

6月11日(火)18時30分 カラパイア

00
image credit:Twitter

 世界中のネット民に最も愛されている男といえば、ご存じキアヌ・リーブスである(関連記事)。

 イケメンセレブ俳優なのに優しくて気取らないキアヌのエピソードはしばしば話題になるが(関連記事)、また新たな発見があったとして注目を集めているようだ。

 キアヌは女性と写真を撮るとき、絶対にボディタッチしないというのだ。

 日本と違ってアメリカなどでは男女問わず肩を組んだりハグをしたりと盛んにボディタッチが行われることで知られているが・・・キアヌの真意やいかに!?
・ツイッターユーザーがキアヌ・リーブスの新法則を発見!?

 この新たなキアヌの法則は、ツイッターユーザーの@KemziLinziさんが発見したもののようだ。

 @KemziLinziさんはさまざまな女性とキアヌの記念写真4枚を投稿。それを見ると、確かにキアヌは女性たちの腰に手を回したり肩を抱いたりしていない。

 それどころか、女性たちの体から手を数センチ浮かせているのである。@KemziLinziさんが投稿したのは次の4枚の写真だ。

1.
kianu2
image credit:Twitter

2.
kianu3
image credit:Twitter

3.
kianu4
image credit:Twitter

4.
kianu5
image credit:Twitter

・キアヌがボディタッチをしない理由についてさまざまな憶測が

 キアヌはどうしてボディタッチを避け、「触ってませんよ!」アピールをするかのように女性たちの体から手を離しているのだろうか?

 海外ツイッター民からは「#MeToo運動に巻き込まれないようにするため」や「女性のパーソナルスペースを尊重しているから」などの声があがっている。

 一方、海外メディアによると、このポーズはアジア圏にある、女性に対する尊敬を意味するジェスチャー「マナーハンド」ではないかとの見方もあるようだ。

 キアヌの祖母は中国系ハワイアンでアジア文化に馴染みもあることから、それを重んじているのでは?というのである。

 また、奥手で女性に触れることができずに手を浮かす「ホバー・ハンド」では?との指摘もある。


・約10年前に親友のサンドラ・ブロックの腰には手を回していたけど?

 これは海外掲示板・redditでも取り上げられており、次のような声があがっていたよ。

・まるでキアヌがイエス・キリストで、彼女たちを祝福しているかのようにも見えるポーズ。

・↑女性に尊敬を持って接するキアヌ、もっと好きになっちゃった!

・ただ単にぜんぜん友だちでもなんでもない女性たちだから気をつかっただけなんじゃあ。

・正直にいって、見知らぬ人に容易に触れないのはただマナーがいいだけだと思う。

・キアヌが「ホバー・ハンド」とは考えにくいが・・・僕ならこういう場合、ピースサインをするけどね。

・キアヌは#MeToo運動を「マトリックス避け」しているわけなんだ。

・↑写真を撮るときに腰に手を回しただけで「性的暴行だ!」と騒ぐ人がいるとは思えないけど。

・何人かの女性は「くっそー、キアヌもっとくっついてよ!」と心の中で悔しがっているかもしれない。

・私は個人的にはこんなキアヌをかわいいと思うんだけど。女性たちの快適さを尊重しているのよ。

・↑どちらかといえば女性がキアヌに体を押し付けているようにも見えるけどね・・・。

 ちなみに2006年、映画「イルマーレ(原題:The Lake House)」のPRで親友のサンドラ・ブロックとともにメディアの前に登場した際は、サンディーの腰に手を回していたようだ。

 真実はキアヌのみが知るわけだけど、どこで何が問題になるか分からないこんな世の中だからな。俺たちのキアヌにとってのちょっとしたこだわりなのかもしれないしそうでないのかもしれない。

References:Twitter / ET / redditなど / written by usagi / edited by parumo

カラパイア

「キアヌ・リーブス」をもっと詳しく

「キアヌ・リーブス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ