『anan』『ソレダメ!』で話題 跳ぶだけダイエットの特徴

6月11日(火)16時0分 NEWSポストセブン

トレーナーの鑄山氏(左)とモデルの美馬沙亜弥さん

写真を拡大

 今年のキーワードは「跳ぶだけ」──毎年、夏が近くなると、新たなダイエット法に注目が集まるが、食事からエクササイズ、生活習慣の改善など、方法はいろいろ。そんな中で、女性グラビア週刊誌『anan』(マガジンハウス刊)のダイエット特集が話題になっている。


 同誌2154号(6月5日発売)では、「絞る! 締める! 大作戦」と題して、3つの最新ダイエット法を紹介。初級編として「寝たままトレ」、中級編は「跳ぶだけダイエット」、上級編で「自重トレーニング」が18ページにわたって展開されている。その中でも注目は、「跳ぶだけダイエット」。同誌のウェブサイトでも跳び方が動画付きで紹介されて反響を呼んでいる。


 このダイエット法を考案したパーソナルトレーナーの鑄山和裕(いかけやま・かずひろ)氏は、「跳ぶだけ」のメリットをこう解説する。


「筋トレやランニングなどが苦手な人でも簡単に始められるのが、跳ぶだけダイエットのメリットです。その場で軽く跳ぶだけなので、好きな時に好きな場所ですぐに始められます。ポイントは、ジャンプによって主に下半身の筋肉が鍛えられること。基礎代謝がアップして、痩せやすい体になるのです」


「いつでも」「どこでも」「誰でも」が手ぶらで始めることができる上、ジャンプするだけでヒップアップや美脚が期待できるとして人気らしい。


 このダイエット法をわかりやすく解説した鑄山氏監修の書籍『1日2分! その場で跳ぶだけダイエット』(小学館刊)には、引き締めたい部位ごとや、自分の目的に合わせて、


・基本となる「ベースジャンプ」

・ウエストに効く「ツイストジャンプ」

・太ももに効果的な「レッグカールジャンプ」


 といった26種類のジャンプが紹介されている。これらを1日2分間あるいは4分間、跳ぶだけでダイエット効果が期待できるという。


◆「腹筋がカッチカチ!」「すぐ汗が出てきた」


「跳ぶだけダイエット」は、テレビのバラエティ番組でも取り上げられ、話題となった。オードリー若林正恭とフリーアナウンサーの高橋真麻がMCを務める『ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜』(テレビ東京系。水曜不定期夜6時55分〜)で人気の体操コーナーで、レギュラーのオードリー春日俊彰のほか、ゲストの小籔千豊、田中美佐子らが挑戦したのだ。


 基本の「ベースジャンプ」のほか、二の腕が締まることが期待できる「モンキーアーム」、お腹とお尻に効くという「ペンジュラムジャンプ」の3つのジャンプについて、鑄山トレーナーが番組内で指導。出演者たちが悪戦苦闘しつつ、楽しく跳んでいる様子が放送された。視聴者からも、実際に跳んでみた感想がSNSなどに寄せられ、「腹筋がカッチカチ!」「すぐ汗が出てきた」「二の腕に効きそう」「ふくらはぎがヤバい」「跳んでるだけで楽しい」といった声が出ていた。


 鑄山氏はこう語る。


「『ソレダメ!』では、オードリーのお二人や高橋真麻さん、小籔千豊さんなどのゲストの方々にその場で跳んでもらいました。皆さん、初めてのエクササイズだったと思いますが、思った以上に楽しみながら取り組まれていたと思います。


 この“楽しく続けられる”のも『跳ぶだけダイエット』のメリットの一つです。好きな音楽を流しながらそれに合わせて跳んでもいいですし、引き締めたい部位によってジャンプをいろいろと変えながら、ダンスのように跳ぶこともできます。その意味で、数あるダイエット法の中でも、楽しく痩せられるのが特長だと言えます」


 道具も、お金も、時間もいらない、究極の簡単ダイエット。夏直前の今こそ、試してみる価値があるかもしれない。

NEWSポストセブン

「ダイエット」をもっと詳しく

「ダイエット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ