全国の多目的トイレが使用禁止に!? 渡部建「女性をトイレに呼び出して1万円」 その余波は果たして…?

6月11日(木)8時30分 TABLO

画像はイメージです

写真を拡大

テレビ番組降板だけでは済まないようです。

久々に芸能界を激震させた「複数女性との不倫」スキャンダルで、窮地に追い込まれたアンジャッシュ渡部建さん(47)ですが、“文春砲”を放った『週刊文春』の記事が明らかになるにつれ、芸能界では二度と復帰できない可能性まで出てきました。

『週刊文春』は「文春オンライン」で次のように報じています。

「彼は佐々木さんと交際していた当時から複数の相手と関係を持っていました。2017年4月に佐々木希さん(32)と結婚し、翌年9月に第1子が生まれた後も生活態度はあまり変わらなかった」

渡部さんの知人が、『週刊文春』の取材にこう答えています。

そして、都内在住会社員の女性Xさんが重い口を開いたのです。

「たしかに私と渡部さんは、多いときには週2回ほど関係を持っていました。結婚後も別れることなく、トータルで30回を超えているかもしれません」

回を重ねるうちに、渡部さんが密会場所として指定するようになったのが、東京都港区にそびえ立つ六本木ヒルズ……しかも……。

「彼は『地下駐車場に隣接した多目的トイレに来い』と言うのです。エレベーターの前で落ち合って、トイレの鍵を閉めた瞬間に……。その後も彼はヒルズのトイレばかりを指定し、会える時刻を伝えると、地下2〜4階にあるトイレを徘徊し、誰もいない階を確認した上で『地下○階ね。すぐ来て』と指示を出してくるようになったのです」(女性Xさん)

さらに、渡部さんに対する思いのたけを『週刊文春』にこう伝えています。

「彼は私のことを“性のはけ口”くらいにしか思っていなかったんでしょうね。せめて一人の女性として扱ってほしかったと思います」

渡部さんの不倫相手はこの女性にとどまらず、複数人に及んでいたようです。

『週刊文春』の直接取材に対し、所属事務所の人力舎を通じて、渡部さんは事実関係を認めました。

「複数女性との不倫」については、各スポーツ紙などですでに報じられており、SNS上のトレンドは「渡部」「複数女性」「不倫」「佐々木希」など、このスキャンダル関連で埋め尽くされていました。

「渡部が複数女性との不倫って…どんだけ性欲強いの?」

「妻の佐々木希が家で待っているのに…信じられない…」

ネットやSNS上には渡部さんへの批判が一斉に並びましたが、さらに、本丸の『週刊文春』の記事によって、燃え尽くさんばかりの大炎上となりました。女性Xさんの発言した「性のはけ口」、そして「多目的トイレ」…芸能人としてというより家庭人、社会人として致命的な要素が満載です。

「トイレに呼び出して2〜3分でことを澄まし、女性に1万円渡して別れたって…渡部さん、そりゃあ、文春に売られますよ!」

そんな核心を突く意見まで飛び出しています。

『週刊文春』に複数の女性たちがなぜ取材に応じたかは不明ですが、たぶんにその可能性はあるでしょう。

くわえて、「多目的トイレで事を済ませていた」ことから、場所が特定された六本木ヒルズはもちろん、今後は「公衆トイレ」そのものを使えないだろうとの指摘まであります。

「これでテレビ局を出禁になって、六本木ヒルズも出禁じゃない? 公衆トイレも渡部が入った瞬間、『反省してないだろ!』とか言われそう…。これで離婚されたらどうするんだろ」

あまりにも渡部さんへの逆風が強すぎて、そんな心配までされる始末です。

自身のYouTubeチャンネルで講座を開くほど、女性の扱いはプロ級と自負していた渡部さんですが、同業者に揶揄されるような芸人としての腕と同じく、男としての限界も露呈したのかもしれません。(文◎編集部)

TABLO

「トイレ」をもっと詳しく

「トイレ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ