ちょっと強そう ガードレールの端にあるクルっと曲がった部分の名前は「○○ビーム」

6月12日(火)11時0分 ねとらぼ

というか、名前があったのか。

写真を拡大

 自動車が道路からはみ出さないように防護するガードレール。あの端にある、金属板がくるっと内側に曲がっている部分の名称をご存じですか? 実は、少しかっこいい名前がついているのです。
●「ガードレールの端にあるクルッと丸まった部分」の名称
 ガードレールは、道路沿いなどに支柱を立てて、そこに横長の金属板を取り付けたような形をしていますが、その板の端部分の名前は「袖ビーム」。
 「ビーム」は英語に直すと「Beam」で、つづりは「レーザー“ビーム”」と一緒。この語には梁(はり/柱の上に渡す横木)という意味もあり、道路沿いに続く金属板は「ビーム」と呼ばれています。
 袖ビームにはさまざまな形状があり、内側に曲がっていないタイプも。また、ビームも形、位置などによって「2山ビーム」「ボックスビーム」「上段ビーム」といった具合に呼び分けられています。
●主要参考文献
・ガードレール(路肩用) 袖ビーム(テントー標識)

ねとらぼ

「ガードレール」をもっと詳しく

「ガードレール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ