吸い込まれたい!マーカーペンだけで空間を埋め尽くした360度水墨画のようなモノクロームの部屋

6月13日(水)0時30分 カラパイア

top_e

 ブラジル・サンパウロで日系2世として生まれ育ったアーティストの大岩オスカール氏は、空気で膨らませたビニールバルーンの内部を、黒のマーカーペンのみで360度全て埋め尽くした。

 それはまるで水墨画で囲まれたような没入感溢れる素晴らしい作品だ。この作品のタイトルは「パラダイス」である。

Paradise drawing by Oscar Oiwa

 この作品は4月3日からサンパウロのジャパン・ハウス で開催された『Oscar Oiwa in Paradise – Drawing the Ephemeral』展で展示されていた作品の1つだ。

 大岩氏は彼と5人のアシスタントは120本のマーカーを使い、2週間かけて作品を作り上げた。

 “パラダイス”と題された作品は、来場者もバルーンの内部に入り、作品と一体となって鑑賞することができる。

 枯山水を思わせる模様の通路、ひび割れたような木々や岩肌のの森、強いコントラストで描かれた激しい渦潮の空。

 360度全てに描かれた水墨画のようなモノクロームの世界は圧巻だ。

1.
01_e

2.
02_e

3.
03_e

4.
04_e

5.
05_e

References:YouTubeCOLOSSAL・written by いぶりがっこ / edited by parumo

カラパイア

「水墨画」をもっと詳しく

「水墨画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ