35歳貯金ゼロ、家賃が大幅アップ。住宅を購入すべき?

6月14日(木)22時20分 All About

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、お住まいの賃貸住宅の家賃が大幅にアップしたため、住宅を購入すべきかと考えている35歳の男性会社員の方。貯蓄ゼロ、3人の子どもの教育資金も準備できていない状況での住宅ローンも不安だとか。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします

写真を拡大

貯蓄を目指すか、年齢を考えたら早めに住宅ローンを組むべきか……

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、お住まいの賃貸住宅の家賃が大幅にアップして、それならば住宅を購入した方がいいのでは考えている35歳の男性会社員の方。しかし、貯蓄はゼロで3人の子どもの教育資金も準備できていないという状況で、住宅ローンを組むことに不安も感じているといいます。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

※マネープランクリニックに相談したい方は、https://sec.allabout.co.jp/post-form/form/22 からご応募ください。(相談は無料になります)

相談者

エミヤさん(仮名)
男性/会社員/35歳
賃貸住宅

家族構成

妻(専業主婦/30代)、子ども3人(11歳・7歳・4歳)

相談内容

現在住んでいる住居の家賃が、先日から2万円以上もアップし、金額にもよりますが住宅を購入した方が良いのでは?と妻から言われています。しかし貯蓄もほぼ無いため、住宅ローンを組むべきか(組める?)と悩んでいます。子どもも3人いるため教育費用と老後も心配。まずは貯蓄できるような仕組みを作れればと思う一方、年齢で住宅ローンを組めなくなる不安もあります。どのタイミングで購入すべきでしょうか。なお、住宅購入の際、親からの贈与は期待できません。

家計収支データ

相談者「エミヤ」さんの家計収支データ

家計収支データ補足

(1)ボーナスの使いみち
生活費の補てん20万円、クルマのローンのボーナス払い分5万円、クルマの税金、保険、車検等10万円、子どもの中学準備金10万円

(2)加入保険の保険料の内訳
●夫/収入保障保険(保険期間65歳まで、50歳まで月27万円、51歳から月10万円)=保険料6100円(51歳から3300円)
●夫/医療保険(終身保障終身払い、入院5000円)=保険料3400円
●妻/医療保険(終身保障終身払い、入院5000円)=保険料3900円
●上の子ども/学資保険(18歳満期、満期金100万円)=保険料1万円

(3)奥様の収入について
働きたいが、子どもが幼稚園に通っている間は時間的に難しく、全員小学校以上になってから働くことを考えている。

(4)実家について
妻の実家は持ち家だが、将来、移り住む予定はない。妻には兄弟あり。相続するかどうかは不明。

(5)ご主人の定年等について
定年60歳。再雇用の制度はある。退職金は約1000万円。

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1 手持ち資金がない状況での住宅購入はリスク大
アドバイス2 せっかくの貯蓄も教育資金でほぼゼロに
アドバイス3 妻の働き方次第でマネープランはラクになる

アドバイス1 手持ち資金がない状況での住宅購入はリスク大

家賃アップを機に住宅購入を考えているが、可能かどうかというご相談ですが、先に結論から申し上げます。

手持ち資金がなく、かつ貯蓄できない家計状況で、まだ小さいお子さんを3人も抱えている世帯が住宅ローンを組むこと、それ自体がマネープラン的には大きなリスクです。この後、具体的に試算をしますが、奥様がパートに出て確実に一定額を貯蓄に回すことができれば、計算上は今からでも1350万〜1600万円程度の物件価格の住宅であれば購入でき、かつ教育資金も用意が可能です。

しかし、それには今後予定外の大きな支出が発生しない、奥様が確実に25年、30年とパートを継続する、高校までは公立などの前提条件が付きます。資金的な余裕はないので、何かあったときは教育資金を削るか、新たに借り入れをするしか対処法はありません。そうなると、マネープラン自体を変更せざるを得なくなります。したがって、少なくとも現状での住宅購入はおススメできません。

とりあえず現状ですぐに住宅を購入した場合、実際にはどのようなローンを組むことになるか考えてみましょう。

住宅ローンを考える際にまずすべきことは、無理なくローンを返済できる借入額を割り出すことです。エミヤさんの場合、同時に教育資金も準備しなくてはいけませんので、住宅ローンを支払いながら貯蓄もしていく必要があります。そこで目安となるのが現在の家賃です。少なくとも住宅コストをこの範囲内に収めれば、赤字にはなりません。翌年にはクルマのローンが完済するので、ローンの支払いに充てていた毎月2万4000円とボーナスからの年間5万円を貯蓄(年間34万円)に回すことも可能でしょう。

無理のない住宅ローンの返済で考えるべきは、返済とは別に発生する、いわゆるランニングコストです。固定資産税と、マンションであれば管理費や修繕積立金、駐車料金が、一戸建てであっても将来の修繕資金を準備する必要があります。

駐車場費用をカットできるので、一戸建てを購入すると仮定して、ランニングコストは月割りにして2万〜3万円(さらに住宅ローン控除で還付される税金分も修繕資金として貯めておきたい)。それを現在の家賃から差し引いて、月6万円の支払いが住宅ローンの上限と考えます。

借入期間の理想は60歳で完済できる25年、長くても30年でしょう。全期間固定で金利1.5%とすると、借入可能額は25年返済なら1500万円、30年返済なら1738万円。ただし、住宅購入時には諸費用(各種手数料や税金、引っ越し等の費用)が100万〜200万円発生します。手持ち資金はありませんので、それを込みでローンを組むと、実際の購入可能な物件価格は25年返済で1350万円、30年返済で1600万円前後ということになります。

アドバイス2 せっかくの貯蓄も教育資金でほぼゼロに

次に教育費です。実際に貯蓄が可能となるのは、住宅購入の翌年。さらに、奥様がパートで働くことを予定しているのがその2年後ですから、本格的に貯蓄が進むのはそこからとなります。

パート収入から月6万円、確実に貯蓄できたとすると、年間で72万円貯蓄が上乗せされますので、貯蓄ペースは年106万円となり、次女の方が高校卒業するまでに貯蓄は約1300万円。大学にかかる費用を400万円(私立文系、自宅通学)とすれば、学資保険の満期金100万円を差し引いて、3人に必要な額は1100万円。結果、手持ち資金は200万円残ることになりますが、進学塾や部活動費など考えれば、それもほぼ全額を教育資金に充てなくてはならないでしょう。あるいは足りない可能性も否定できません。これもひとつの大きなリスクです。

また、予算=物件価格1350万〜1600万円で、望む住宅を見つけることができるかどうか。家族5人が暮らすにはそれなりの広さ、部屋数が必要ですから、新築はきびしい。中古物件でも、通勤、通学等を考えると、あまり不便な場所はかえって生活コストが割高になります。結果、手を出せるのは相当の築年数の物件しかないというケースも考えられます。

アドバイス3 妻の働き方次第でマネープランはラクになる

では、リスクを抑えて住宅購入を実践するとすれば、どうすべきか。
まず、手持ち資金=貯蓄を増やしたい。何かあったときにそれで対処できます。もうひとつ、家計そのものを貯蓄体質にしてからの購入を目指したい。収入がアップすれば必ず貯蓄できるとは限りません。しっかり貯蓄できる実績を家計に作ることが大切です。

時期としては5年後くらいでしょうか。先の試算では手持ち資金が250万円になっています。ここから諸経費だけでも捻出して、残りは手元に残しておく。

また、奥様の働き方も、できればパートではなく正社員か、少なくとも厚生年金に加入できる契約社員を目指したい。収入がアップして、月10万円返済に回すことができれば、40歳から20年返済、金利1.5%で2000万円の借り入れが可能です。早めにそれが実現すれば、頭金を増やすこともできるでしょう。住宅資金以外にも、厚生年金に加入することで公的年金の受給額を引き上げるというメリットもあります。

もちろん、将来の奥様の収入は推定でしかありませんが、それを見極めてから物件価格を決めることができるという点でも、住宅購入は先に延ばすべきでしょう。

住宅購入を焦る気持ちもわかります。住宅購入まで、家賃は無駄に思えるかもしれません。しかし、ご夫婦ともまだ30代半ば。60歳を過ぎても働くのが当たり前になりつつある時代、これから働くことができる時間はたっぷりあります。まずは手持ち資金を増やすことに励んでください。

相談者「エミヤ」さんから寄せられた感想

この度はFPの方からのアドバイスを下さりありがとうございました。内容拝見し、改めて自身の置かれている状況から住宅購入については慎重にすべきと思いました。やはり子どもが多いと教育・養育費の絡みで厳しいのですね。

教えてくれたのは……
深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武
(文:あるじゃん 編集部)

All About

「住宅」をもっと詳しく

「住宅」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ