冷めたんじゃなくて落ち着いた?男女の「恋愛ピーク」の違いとは

6月14日(木)5時13分 ハウコレ



付き合って数か月たってくると、彼がなんだか冷たい・・・?と感じることってありませんか?始めの頃はお互いのことを知りたくてたくさん交わしてたLINEが減ったり、ラブラブトークがただの日常会話になってしまったり、なんだか彼の態度がそっけなかったり・・・しかし、これは実は男女の「恋愛のピーク」の差異からくるものなのです。
今回は、男女の恋愛のピークのギャップと、その生かし方について徹底解説します。


■●女子の恋愛のピーク

一般的に女子は、彼に身も心もすべて捧げてから徐々に徐々に恋愛感情が盛り上がっていきます。彼を知っていく段階まではまだ様子見で、気持ちがまだ熱していないことが多いもの。


ですが、彼とエッチをして、彼のことを「好きだ」と心が感じるようになってから、ジワジワと彼への愛着がわいて、彼への思いが強くなっていきます。


これは、エッチをしたからには彼を逃がしてはいけない!!という女子の本能が働いているんだとか。
付き合う前までや付き合い始めは彼が追いかけてくれていたのに、付き合ってからはなんだか自分が追いかけてばかりのような気がする・・・というパターンは、彼の気持ちが冷めたというわけではなく女子側の気持ちが大きくなったことが多いのです。


■●男子の恋愛のピーク

ほとんどの男子は、モノにしたい女子を手に入れるまでの工程で、一番情熱的にアピールします。彼女のことをもっと知りたい、彼女の気持ちを手に入れたい!と躍起になっているときが恋愛のピーク。一気に燃え上がって、彼女を手に入れるまで、制覇するまでを存分に楽しみます。LINEや電話を一番頑張るのもこの時期であることが多いです。


彼女とエッチをして、彼女が「自分に惚れたかな?」と感じると、「通常運転モード」に入り、付き合い初めの頃の勢いはなくなって、彼女への興味自体は少しずつ薄れていくのです。


この時期に、なんとなく「彼が冷たくなったかな?」と感じることがありますが、冷たくなったのではなくて、あなたを自分のものにできた安心感で、違うことに目を向け始めただけに過ぎないのです。


■●男子と女子は恋愛のピークが真逆

個人差は多かれ少なかれあれど、多くの男子と女子は恋愛のピークの時期がスレ違っています。付き合っている彼が追いかけてくれなくなって、自分ばっかり好きになってる気がする・・・というのは自然なことなのです。


なので、男子が少し安心しだしたころから、どう彼の気持ちをキープさせておくかが二人の関係をいつまでも潤わせるポイントといえるわけです。そのためには、以下のようなことを意識してみてください。


・自分の盛り上がりに合わせて必要以上に媚びない、尽くさない
クールダウンしてきた彼に対して、ヒートアップしたあなたが自分の勢いのままに媚びたり尽くしたりしてしまうと、ますます彼をクールダウンさせてしまう恐れあり。落ち着きましょう。


・彼が連絡をサボりだしたかな?と感じたら自分も冷静に連絡を控えてみる
今までマメに連絡をくれていた彼が連絡をさぼりだしたなーと思ったら、怒ったり悲しんだりして攻め立てるより、一度冷静になって自分も一度連絡を控えてみましょう。あれ?怒らせたかな?とあなたのことがまた気になって仕方がなくなってしまうかも。


■●乗り越えれば本当に彼の彼女になれる

男子と女子の恋愛のピークの時期が全く違うことをきちんと理解して、その時期を乗り越えられれればどんどん彼の中であなたの存在が大きくなっていきます。


あんなに好きでいてくれたのにー!と思えば思うほど辛いものですが、サラッと受け止めて、おたがいに「ちょうどいい」付き合い方をつかめるといいですね。mashu/ライター)


(井上怜愛/モデル)
(島崎雄史/カメラマン)
(JYO/ヘアメイク)
(辻野祐馬/ディレクション)


ハウコレ

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ