恋も安全運転で!上手なアクセルとブレーキの踏み方

6月14日(木)21時0分 ハウコレ



車って、とっても便利な半面、上手に運転しないと危険な乗り物でもあります。スピードを出しすぎるのも危ないけれど、あまりにもゆっくりでも、やっぱり危ない。場面によって、対応していかないといけません。実はこれ、恋も同じこと。素敵な恋をしたいのであれば、気持ちのアクセルとブレーキのコントロールが大切です。


■●気になる人ができたら少しずつ!

「あ!いいかも・・・」なんて気になる人ができたときは、ゆっくり恋のアクセルを踏むよう心がけてみましょう。運命の出会いに感じて、一気に行かないとチャンスを逃してしまう! なんて思う必要はありません。


確かに、奥手すぎたり消極的だったりすると、恋のチャンスを棒にふってしまうこともありますし、ある程度の積極性や大胆さが必要なときもあります。


とはいえ、恋はふたりが惹かれあって初めて実るもの。こちらから急接近してしまうと、心の準備ができていない相手を戸惑わせてしまい、仲良くなるどころか距離を置かれてしまうことも。まずは、相手の反応を見ながら、少しずつ距離を近づけていきましょう。


■●夢中になり始めたら一時停止!

気になる人ができると、どんどん夢中になっていくもの。「あんなところもカッコイイ!」「こんなところも素敵!」というポイントが次々と見つかります。でも、そうなってきたら、ちょっと一時停止が必要かも。


こんなときこそ、周りや自分の状況が見えていないことが多いからです。いわゆる「盲目の恋」に陥りやすいのもこの時期。


彼の良いところと悪いところを冷静かつ客観的にちゃんと見つけて、自分の気持ちをゆっくり確かめていきましょう。一時停止すれば、もっと彼のことがよく分かるはずです。


■●いい雰囲気になってきたら一気に加速!

自然に話せるようになって、相手もちょっと意識してくれているような気がする。だんだんと、ふたりの時間が特別な雰囲気になってきている・・・。そう感じたら、今度は一気にアクセルを踏み込みましょう!


「せっかくいい雰囲気になったのに、自分が行動して、この関係が壊れてしまうのが怖い・・・」なんていう不安もあるかもしれません。


でも、いい雰囲気になっているということは、もう高速道路に乗ったようなもの。一時停止したり、Uターンをしたりするような状況ではありません。彼に「違うかも」なんてスキを与えないように、ストレートに進めるのです。いい雰囲気を感じたら、気持ちを伝えるところまで一気に行きましょう!


■●付き合いたては徐行でじっくり

めでたく恋が実り、恋人同士になれたなら、今度は少しアクセルを緩めてみてください。付き合う前の雰囲気の中で大切なことと、付き合ってから大切なことは、少し変わってくるからです。


お互いが特別な関係であることは確定したので、今度はその中で、優しさや気遣い、愛情や感謝を伝えあうことが大切です。じっくりと徐行運転をすることで、「あ、こんな愛情もあるんだ」と、気づきやすくなることでしょう。


この時期に小さな幸せをたくさん積み重ねられれば、たとえ、ふたりにとって難しい時期がやってきたとしても乗り越えやすくなります。少しずつ、少しずつ積み重ねていきましょう。


■●おわりに

車の運転も恋の進め方も、事故を防ぐためには「安全確認」と「スピード調整」が欠かせません。感情的になりやすい恋愛ですから、状況に応じて、自分自身でスピードをコントロールしてみてくださいね。(織留有沙/ライター)


(前田怜里/モデル)
(島崎雄史/カメラマン)
(JYO/ヘアメイク)
(辻野祐馬/ディレクション)

ハウコレ

「アクセル」をもっと詳しく

「アクセル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ