【ラーメン新店】もち小麦100%の"純手打ち麺"!下北沢「麺と未来」で味わう前代未聞のもちもち感!

6月14日(木)17時38分 Rettyグルメニュース

2018年も半分が過ぎようとしているが、今年はこれまで以上に「麺」にこだわるラーメン店が目立っている。


そんな潮流のなか、5月に下北沢に注目の新店がオープンした。


その名も「純手打ち 麺と未来」








店主は30歳の若さながら、なんとラーメン職人歴15年。多くのラーメン店を渡り歩いてきたという。


自慢の一品は、特製塩ラーメン。








鶏手羽先を大量に使ったスープは、澄んだ見た目に反してしっかりとコクがある。


そして、このラーメンの主役こそが麺なのである。


この麺は、店舗の奥にある製麺室で粉の状態から機械を一切使わずに作る。








手打ちを謳う店は数あれど、まったく何の機械も使わないで作るというところは意外に少ない。


だからこそ「純手打ち」を名乗っているのだろう。


粉に水を合わせてまとめ、








足で踏んでコシを出し、








棒で丹念に伸ばし、








包丁で切る。








麺を1回打つのに30分程度かかり、しかも出来あがる麺はせいぜい15食程度。


その打ち立てを使うため、麺から空気が抜けることはなく、茹でた時に麺は沈まずに浮いている。








麺の素材にも、もちろんこだわりがある。一番の特徴は、小麦粉。


もち小麦の「もち姫」のみを100%使用している。もち小麦とは、もち米と同じようにアミロースをほとんど含まない小麦のこと。








もち小麦の性質を活かすために、水分を多めに含ませて仕上げた極太麺は、表面がとろけるようなつるんとした食感。


中心に向けて柔らかさのグラデーションが形成されており、噛むと力強い弾力を味わえる。


この麺の食感、これまでの麺とはあまりにもかけ離れている。


言葉を尽くしても、実際に一度食べてみないと想像すらできないだろう。








特製塩ラーメンや海老塩わんたんめんについてくる海老ワンタンは、同じくもち小麦を使った皮に注文ごとに海老を詰めたもので、ぜひ麺との食感の違いも楽しんで欲しいトッピングだ。


白を基調とした清潔感あるこの店の外観には、明確にラーメン屋であることを示すものがない。


にもかかわらず、早くも評判を聞いたラーメンファンたちが多数訪れているようだ。


純手打ちで作られる、これまでになかった「未来の麺」はすぐにでも食べに行くべき1杯と言って間違いないだろう。


※私も出演している「ラーメンWalkerTV2」でも、「純手打ち 麺と未来」を紹介予定(6/21以降に放送予定)。ぜひそちらもご覧ください。



ライター紹介




小林孝充
小林孝充


TVチャンピオンラーメン王選手権第8回優勝。ラーメンWalker百麺人。 歴代ラーメン王によるラーメン大王決定戦で優勝し"初代ラーメン大王”に。累計13000杯のラーメンを食べたラーメン界のトップランナー。



Rettyグルメニュース

「ラーメン」をもっと詳しく

「ラーメン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ