寿司だけど魚じゃない? 山の幸で作る高知の「田舎寿司」が『ケンミンショー』で話題

6月14日(金)8時30分 しらべぇ

一般的に寿司と言ったら魚の刺身を米に乗せて食べるものだが、高知では一風変わった寿司が作られているという。13日に放送された『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では、高知の田舎寿司が特集された。

■フキにイタドリにこんにゃく?

田舎寿司とはどのようなものなのか番組が高知でインタビューを実施すると…

「スーパーにも売ってる。田舎だったらおばちゃんらが集まって作ったりする。こんにゃくがおいしいよね」

「みんなで飲みながら楽しく食べるっていうのが高知。土佐のおきゃく(宴会)にはつきもの」

「今からだったらタケノコよね。タケノコのお寿司はおいしいし、旬だね。しいたけとか」

「フキとかイタドリとかこんにゃくとか。今日は野菜が食べたいと思ったら魚の寿司より田舎寿司」

という声も。しらべぇ取材班も、以前、高知県内を巡って田舎寿司の食文化を取材、紹介したことがある。酢の代わりに名産のゆず果汁を使った爽やかで、かつ滋味深い味わいが特徴だ。

太平洋に面した高知は、カツオなど海の幸が豊富ではあるものの、じつは四国山地によって山深い地域も多い。ゆずと山の幸が、独自の寿司を育んだのだろう。

■田舎寿司に驚きの声

ネットでは、田舎寿司を知らなかった視聴者から「おいしそう!」といった声が目立った。

■高級寿司店よりも回転寿司?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,400名に「寿司店について」の調査を実施。その結果、53.3%もの人が「高級寿司店よりも回転寿司店に行くのが好き」だと回答した。

さまざまな新しい味の挑戦を続ける回転寿司チェーンが、もし高知の田舎寿司をメニュー化したら、意外とブームになるかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太)

しらべぇ

「寿司」をもっと詳しく

「寿司」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ