イギリス国内では富裕層の子供は痩せ、貧困層の子供は更に太っていく現実(英研究)

6月15日(金)9時0分 カラパイア

iStock-155073233_e

 1980年代頃から、貧困層の子供たちは富裕層の子供たちよりも太る傾向にあった。その要因の一つは食生活にあると言われている。

 貧困層の子供たちは、低価格で高カロリーのファストフードやジャンクフードでお腹を満たすからだ。富裕層や高学歴の両親を持つ子供たちは、健康管理がなされている。

 もちろん例外もあるし、体質によるものもある。

 だが相対的な割合で見たイギリス国内を調査した最新の研究によると、過去10年の間に、富裕層の子供は痩せはじめ、貧困層の子供はそのまま太り続けたという。

・イギリス国内における所得水準と子供の肥満の関係

 イギリスでは、10歳と11歳の子供の半分が肥満(少年の平均体重が40キロを超える。標準は35キロ程度)である。

 そこから南へ少し行った世帯所得が2倍ほどのダルウィッチ・ビレッジでは、そうした子は5人に1人で、国内で最低水準にある。過去6年における肥満率は2パーセント減である

 一方、世帯所得が低いキャンバーウェル地域では、肥満率は10パーセント増となった。こうした傾向はイギリス全土で概ね当てはまるという。

iStock-668783502_e


・肥満に対するリスクを知る富裕層や高学歴の人たち

 1990年代以降、肥満のリスクについて周知されるようになってきた。この知見に基づき行動するメインの人たちは富裕層や高学歴の人たちだ。

 そうした人は、貧困家庭に比べて、家庭で健康的な料理をすることにより多く時間を費やし、緑の多い場所で暮らし、スポーツクラブ通いをしている率が高いという。


・貧困地域で増加するファストフード店

 同時に、ファストフードの摂取については成長の不均衡が見られる。

 ケンブリッジ大学のトーマス・バーゴイーンらは、1990〜2008年のノーフォークにおけるファストフード店の密度を調査した。

 すると最も貧しいエリアでは、人口1万人あたり2店舗増加したのに対して、最も豊かなエリアでは0.5店舗の伸びだった。

 イングランド全体では、1万人あたり8.2店のファストフード店があるが、最も貧しいエリアでは11.6店舗だった。

iStock-155439837_e


・ファストフード店の広告に影響されやすい貧困家庭の子供たち

 食べ物への誘惑は脂肪たっぷりの食品のマーケティングによって助長されている。チャリティ団体のキャンサーリサーチUKによると、貧困家庭の子供たちは豊かな家庭の子供たちよりもジャンクフードの広告にさらされている可能性が高いという。

 ところが、この問題について考える人間の能力は限られているようだ。親たちが家賃や電気代の支払いにあくせくすると、健康的な食事を作ることにまで気が回らなくなるかもしれないのだ。


・貧困からくるストレスや、健康な食事のコストの高さも問題に

 ビヘイビアル・インサイツの実験によると、長い数字を記憶するよう指示された被験者は、フルーツの盛り合わせよりも、チョコレートケーキを選ぶ傾向にあったという。ストレスにも同様の効果がある。

 またきちんとした食事のコストが上昇している可能性もある。

 CEDARの調査によると、2002〜2012年にかけて、野菜や未加工肉といった最も栄養のある食材は、ピザやハンバーガーのような不健康な食材よりも価格が高いことが分かった。しかも、その価格差は毎年1000カロリーあたり約15円(10ペンス)程度ずつ広がり続けている。

0iStock-607508982_e


・イギリス政府も動き出す

 これは政治家の注意も引き、4月に甘いソフトドリンクに対して税金が導入された。また近日中に新しい肥満対策も発表されると目されている。

 5月30日には、夜9時以降ジャンクフードのテレビコマーシャル禁止や漫画キャラクターにスナックを宣伝させることを禁止することが推奨された。

References:As rich children slim down, poor ones are getting fatter - Big little ones/ written by hiroching / edited by parumo

カラパイア

「子供」をもっと詳しく

「子供」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ