卵は「1日1個まで」か「2個でもOK」か

6月15日(金)7時0分 NEWSポストセブン

たくさん食べても大丈夫?

写真を拡大

 医師による「食事本」が一大ブームになっている。そのなかでは、これまで広く信じられていた食べ物への常識が揺らぐような内容もある。たとえば、卵の食べ方については食事本によって考え方が異なっている。


 発売10日で10万部のベストセラーとなっている『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』(津川友介・著)では、卵の摂取による血中の悪玉コレステロールへの影響は少ないが、病気への影響はあるとする。卵を1日1個以上食べるグループは、ほとんど食べない(1週間に1個未満)グループと比べると、「2型糖尿病を発症するリスクが42%高い」「糖尿病患者では、心筋梗塞や脳卒中で死亡するリスクが69%高い」というデータを示している。


 また、卵を1週間に1個未満しか食べない人たちと比べて、卵を1日1個食べる人たちでは28%、1日2個以上食べる人たちでは64%も心不全を起こすリスクが高いとする別の研究も紹介。この研究では、卵の摂取量が1週間に6個までであれば心不全リスクは上昇しなかったとする。


 これらのデータから、同著では〈卵は1週間に6個まで〉と見出しをつけている。“1日1個未満”という計算だ。著者でカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)内科学助教授の津川友介・医師がいう。


「『卵を食べても血中の悪玉コレステロールは上がらないから、いくら食べても大丈夫だ』と思う人がいるかもしれませんが、誤解です。これだけ病気になるリスクが指摘されているのだから、摂取は慎重になるべきです」


 しかし、『医者が教える食事術』(白澤卓二・監修)は、「1日2〜3個食べるのが正解」としている。同所の監修者で、日本のアンチエイジングの第一人者であるお茶の水健康長寿クリニック院長の白澤卓二医師がいう。


「卵には現代人に不足しがちな鉄分やカルシウム、ビタミンDが豊富で、ルテインやビタミンE、βカロテンなど抗酸化作用を持つ成分も含まれています。以前はコレステロールが多いためたくさん食べないほうがいいとされていたが、今の常識は変わってきている。これほどの完全栄養食はありません」


 42万部のベストセラーとなっている『医者が教える食事術 最強の教科書』(牧田善二・著)も高い栄養価に注目し、〈卵のコレステロールは気にしない。9割が肝臓でつくられ、食べ物からとるのは1割に満たない〉としたうえで、〈健常者なら1日1個〉は食べたほうがいいと書いている。


 栄養価に目を向けるか、病気のリスクに注目するかで評価が異なるようだ。


※週刊ポスト2018年6月22日号

NEWSポストセブン

「食事」をもっと詳しく

「食事」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ