【自宅で作る予約困難店メニュー】イタリアン編・パスタ

6月15日(金)7時0分 NEWSポストセブン

ミックスハーブのリングイーネジェノベーゼの作り方(撮影/菅井淳子)

写真を拡大

 2か月、3か月じゃ当たり前。予約が取れないことで知られる名店が、その味を自宅で再現できるようにと、惜しみなくレシピを教えてくれた。


「薪焼き」という新たな調理法で、イタリア料理界に新風を吹き込んだ名店『TACUBO』(たくぼ)。絶妙な火入れの「十勝田くぼ牛の薪焼き」のほか、素材の個性を最大限に生かした極上料理が食べられると多くの有名人が訪れる。オーナーシェフの田窪大祐さんが、家庭でも作れる料理として教えてくれたのはジェノベーゼパスタだ。


「ハーブは4種。ミキサーにかける時や、ゆでたパスタと絡める時に、温度が上がりすぎないように作るとキレイな色のソースに仕上がります」(田窪さん)


■TACUBOの「ミックスハーブのリングイネジェノベーゼ」


材料<2人分>

にんにく…32g、牛乳…適量、粉チーズ…適量

[A]カシューナッツ…6g、塩…1.5g、アンチョビー…3g、エクストラバージンオリーブオイル…100ml

[B]バジル…10g、タリアンパセリ…15g、セルフィーユ…15g ディル…15g、パスタ(リングイーネ)…100g


◎家でもできる名物レシピ


【1】にんにくは芽を取り、ひたひたの牛乳で約5分ゆでる。匂いが移った牛乳はゆでこぼし、再度沸騰した湯(分量外)で、指でつぶれる軟らかさまで煮る。

【2】 [A]を冷やしておいたミキサーにかけたあと、[B]のハーブ類を入れてミキサーにかける。

【3】パスタをゆでる。

【4】フライパンに【2】のソース70gを入れ、粉チーズ、パスタのゆで汁(分量外約55ml)を合わせてのばす。

【5】 【4】にゆでたパスタを入れ、中火で絡ませる。器に盛り、ミックスハーブ(分量外)と粉チーズを振る。


【ポイント】

・にんにくは生だとえぐみが出て味が尖るため、牛乳で臭みを取り、まろやかに。

・バジルは味が濃いので少量にし、最後にミキサーに入れると色鮮やかに仕上がる。


『TACUBO』

住所:東京都渋谷区恵比寿西2-13-16・1F 

営業時間:水・土・祝12:00〜15:30(L.O.13:00)、月〜土18:00〜25:00(L.O.23:00) 

定休日:日曜(翌月曜が祝日の場合、日曜営業、月曜休)

夜の平均予算:1万5000円〜


※女性セブン2018年6月28日号

NEWSポストセブン

「予約」をもっと詳しく

「予約」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ