「私は男運が悪い」と言う女性がダメ恋愛を繰り返す本当の理由

6月15日(土)7時30分 yummy!

こんにちは。沙木貴咲です。だめんずを渡り歩く女性は「私って男運が悪いの」とよく言います。かくいう筆者もそうだったのですが、それは「男運が悪い」をこじつけの理由にしているだけ。ダメ恋愛を繰り返す本当の理由は別にあるのです。

「男運が悪い」と言う女性の恋の仕方

ダメな彼氏と付き合ってしまう女性は、相手選びで失敗していることが多いと感じます。

相手の顔の良さ、才能、個性といったものに心を奪われて、「相手と自分が良い関係を築けるか?」というシミュレーションができていないはず。

かつての私もそうだったのですが、憧れの人をひたすら追いかけるだけで、その人と恋人同士になる自分の姿がまったく想像できませんでした。

「追いかけるだけで幸せ」「ちょっとでも気にかけてもらえればいい」と、満足のハードルがかなり低く、相手ファーストというよりも自分で自分の価値を落としていたのです。

自分を大切にしない女性は、男性にも大切にしてもらえません。

相手の言いなりになったり、ほかに女性の影がチラついても文句が言えなかったりすると、本命彼女にはなれないはず。都合の良いオンナ扱いされてしまうでしょう。

自分がときめく男性ではなく、一緒に幸せな関係を築ける男性

恋愛は「好き」という気持ちの一方通行では成立しません。お互いに相手を気遣い、努力することが必須です。

そのため、彼氏候補を見定める段階で、自分がときめける男性ではなく、一緒に幸せな関係を築ける人を選ぶことが大事。

「男運が悪い」と言う女性のほとんどは、相手選びの方法を変えるだけで良い恋が手に入れられると、私は思っています。

直感で好きと思える人にのめり込み、「こんなはずじゃなかったのに」と後悔しがちな女性は、自分が幸せを感じる関係を整理して、それに当てはまる男性を理性的に選ぶと良いでしょう。

好みと把握していたタイプとは真逆の男性を選ぶことになるかもしれません。

また、自分から好きになる男性を追いかけてもなかなか相手にされないなら、自分を好きになってくれる男性と付き合ってみるとか。

初めはピンと来なくても、大事にされることで恋愛観がガラッと変わる可能性があります。

「男運が悪い」女性がハマりがちな男性の特徴

「男運が悪い」と言う女性ほど、破天荒で恋人や家族を大切にしないタイプや、個性的すぎて定職に就けないタイプを好きになりがちかもしれません。

これも実体験ですが……破天荒な男性が、そもそも安定した恋人関係を築けるわけがないんですよね。

そして結婚ほどではないにしても、恋愛はお金がかかるもの。いくら個性的で楽しい彼氏とはいえ、ロクな収入もない人と付き合えば不幸街道まっしぐらです。

つまり、みずから不幸になる恋に飛び込んでいるということ。

これも、相手選びの段階で『安定性』や『社会性』を重視すれば、回避できるはず。

悪い男運を持っているのではなく、自分で悪い男運を作り出しているだけなのです。

相手選びを見直すために

私の場合、何度も金欠男や無職男に悩まされたため、「安定した職に就いている」「高いビジネススキルを持つ」という条件で彼氏候補を探しました。

その結果、過去の元彼たちとは真逆のタイプと付き合うことになり、今は婚約して仲良くやっています。

そして昔の私であれば、彼氏候補にも挙げないであろうタイプと付き合うことで、本当の恋の幸せを知ったようにも思うのです。

「男運が悪い」を言い訳にしてだめんずを渡り歩いてしまう女性は、ぜひ相手選びから見直してみてください。好みのタイプを疑い、恋の可能性をもっと広げていった先に、自分が幸せになれる恋愛が待っているはずです。

(ライター/沙木貴咲)

yummy!

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ