「ボイスII」新レギュラーに宮本茉由&中川大輔&藤間爽子が決定

6月16日(水)12時15分 シネマカフェ

「ボイスII 110緊急指令室」

写真を拡大

唐沢寿明真木よう子増田貴久らが共演する、緊急指令室「ECU」を舞台にしたタイムリミットサスペンスドラマ「ボイスII 110緊急指令室」。この度、本作の新たなレギュラーキャストとして、宮本茉由、中川大輔、藤間爽子の出演が明らかになった。

若手俳優3人が演じるのは警察官。「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」「監察医 朝顔」に出演したモデルの宮本茉由が演じるのは、港東署ECU(緊急指令室)の真面目で優秀な若き副室長・山城早紀。警察大学校を主席で卒業したキャリアで、上昇志向が強く、組織を重んじる人物。ひかり(真木さん)の特殊な聴覚を、警察官としての正当な能力ではないと考え、しばしば意見をぶつけることも。

「一見クールで人に無関心のように見えるのですが、実は仕事に情熱があって誰よりもECUメンバーやひかりさんのことを考えていると思います」と役柄を分析した宮本さんは、「台本を読み込んでいくうちに、どんどん早紀の魅力に惹き込まれました」とコメント。また「休憩中の撮影現場は和気あいあいとしていて楽しいのですが、本番になると一気に緊張感のある現場になるのがとても格好いいです」と撮影の様子も語っている。


「仮面ライダーゼロワン」「極主夫道」などに出演した中川大輔が演じるのは、神奈川県警捜査一課の捜査員の片桐優斗。捜査一課長に若手有望株として見い出され、相棒として行動を共にするほど頼られているが、思ったことをそのまま発言する片桐は、周りを驚かせることもある。

刑事役をやりたかったという中川さんは「一つ夢が叶いました。しかも県警本部の捜査一課、刑事の花形。スーツでビシッときめて、誇りを持って演じたいです」と意気込む。

日本舞踊家の家元として、今年2月に三代目藤間紫を襲名し、本作が初の連続ドラマレギュラー出演となる藤間爽子が演じるのは、ECUに配属されたばかりの新人室員・小松知里。小柄で一見、大人しく見えるが、常に冷静で肝が座っているキャラクター。ひかりや早紀との連携も見どころとなっている。

藤間さんは「ECUの一員として、威厳を持って様々な事件に立ち向かいながらも、小松の人間らしい一面も垣間見えるといいなぁと思っています」と話し、「ハラハラドキドキを楽しんでください!」とメッセージも寄せた。

「ボイスII 110緊急指令室」は7月10日(土)22時〜日本テレビ系にて放送。

シネマカフェ

「レギュラー」をもっと詳しく

「レギュラー」のニュース

「レギュラー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ