函館で震度6弱! しかし北海道新幹線は走り続けた

6月16日(木)15時40分 Jタウンネット

画像はイメージ(chinnianさん撮影。flickrより)

写真を拡大

2016年6月16日、14時21分ごろ、北海道の内浦湾を震源とする、マグニチュード5.3の地震が発生した。震源の深さはおよそ10kmで、函館市では最大震度6弱が観測された。30秒ほどの揺れが続いたという。幸いにも津波の心配もなく、現時点での被害も確認されていない。そういった状況が明らかになるにつれ、ツイッター上では北海道新幹線の動向に注目が集まった。


JR北海道「通常通り運行中」


北海道新幹線は大丈夫なのか?
- ヘタレ (@agfunks) 2016年6月16日

北海道渡島地方東部で大きな地震があったみたいだけど、どうも函館のあたりらしいね。北海道新幹線は大丈夫かいな
- エッヘンライト (@kt_ehhenright) 2016年6月16日

北海道新幹線大丈夫かな
- iTofu (@tofukado) 2016年6月16日

ツイッターには、北海道新幹線を心配する声が相次いで投稿された。函館で震度6弱が観測されたことから、青函トンネルと北海道新幹線を連想したようだ。地震発生後、JR北海道の公式サイトの列車運行情報のページへの接続が出来なくなったことからも、注目を集めていたことが分かる。


だが、JR北海道によると、地震の影響は受けずに予定通り運航をしているという。平常運転の報に、ツイッターでは「すごい」、「つよい」などの感想が多数。


北海道新幹線正常通り運行って凄いな。
- トモミ(WOWOW未契約) (@tomomi_0623) 2016年6月16日

北海道新幹線も、東北新幹線も平常通りに運行してるってさ強いな(;^_^A
- ついっとく (@tuituitwittar) 2016年6月16日

北海道新幹線、東北新幹線通常運行とのこと
つよい
- (´・ω・`)LeO (@umeboshi_501) 2016年6月16日

さすがは最新路線——と言いたいところだが、もちろんそれだけが理由ではない。今回の震源地は青函トンネルからは距離があり、場所にもよるが震源地からは90km以上、震度6弱を記録した函館からも50km以上離れているからだ。実際、その周辺の震度は2〜3だった。


とはいえ余震の心配がないわけではない、実家が函館にあるというGLAYのTERUさんも、まだまだ油断は出来ない、として注意喚起のツイートを投稿している。


函館で震度6弱は、今までに1度もなかったので相当凄かったみたいです。壁に飾ってあった物が全部倒れてきたみたいです。実家は大丈夫ですがまだまだ油断できないので、函館にお住いの皆さん、しばらくは用心してくださいね。でも、まさか函館で・・・。
- TERU (@TE_RUR_ET) 2016年6月16日

Jタウンネット

「新幹線」をもっと詳しく

「新幹線」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ