悲報!ファミレス飲みの聖地「サイゼリヤ」からコスパ最強メニューが消える

6月17日(月)18時0分 アサ芸Biz

サイゼリヤ

写真を拡大

 リーズナブルな価格で本格的なイタリアンを楽しめるレストランとして知られる「サイゼリヤ」。その人気メニューの1つである「真イカのパプリカソース」が、次回のメニュー改定で消えることになったという。

「真イカのパプリカソース」は、その名のとおり真イカの輪切りにパプリカソースを和えた一品で、おいしさはもちろん、税込199円というリーズナブルな値段であることからも人気なのだとか。

「昔から1000円で気持ちよく飲むことを『せんべろ』と言いますが、近年はファミレスで、さらにリーズナブルな『ワンコイン飲み』ができることが、サラリーマンの間で広まっていました。『サイゼリヤ』は1杯100円のグラスワインの先駆者で、199円のつまみを2つにグラスワインを1杯。あるいは299円の価格帯のつまみを1つにグラスワインを2杯などと組み合わせることで、500円でイタリアンを楽しめるのです。『真イカのパプリカソース』は『柔らか青豆の温サラダ』とともに199円の定番メニューで、299円では『辛味チキン』が人気です。具体的な販売終了の日時は発表されておらず、常連さんはもちろん、まだ食べたことがない人も今のうちにこのコスパのよさを味わってみてほしいですね」(グルメライター)

 販売終了の原因は、イカの漁獲量の激減。いつかまた復活することと、それに変わるリーズナブルでおいしいメニューが登場することを期待したい。

アサ芸Biz

「メニュー」をもっと詳しく

「メニュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ