未来を想像・創造する不思議展、7/13まで渋谷ハチラボ開催

6月17日(金)19時45分 リセマム

伊藤尚未の美術と科学にまたがる不思議展

写真を拡大

CANVASは、渋谷区こども科学センター・ハチラボの「未来を想像・創造する」年間展示シリーズ第1弾として「伊藤尚未の美術と科学にまたがる不思議展〜目で見る不思議を体験しよう〜」を開催している。開催期間は6月8日から7月13日まで、料金は無料。

 渋谷区こども科学センター・ハチラボでは、子どもたちの科学的思考やものづくりへの意欲を育てるために、科学・技術・数学のプログラムを、大学などの研究機関と連携して行っている。「なるほど実験室」「ひらめき工房」のほか、科学や数学について本や雑誌で調べることができるラウンジなどがあり、誰でも利用できる。事前申し込み制のワークショップもある。

 「未来を想像・創造する」年間展示シリーズは、子どもたちの科学的思考やものづくりへの意欲、不思議に思う気持ちを育み、未来を想像・創造するきっかけとなる体験をテーマに展示している。第1弾として、子どもたちに電気・電子分野のモノづくりのおもしろさを伝えているアーティスト伊藤尚未氏を迎え、「ミラーアニメ」や「ストロボライト」など目で見る不思議な作品を9点展示。「なんでこうなるのか?」そのしくみや原理も解説している。

 展示を通して、サイエンスのアート性、アートのサイエンス性、そして両者の不思議さ・面白さを体験できる。また、工作ゾーンでは、伊藤尚未氏の電子工作の一部や書籍なども紹介している。

◆伊藤尚未の美術と科学にまたがる不思議展〜目で見る不思議を体験しよう〜
会場:渋谷区こども科学センター・ハチラボ(東京都渋谷区桜丘町23-21 文化総合センター大和田3階)
日時:6月8日(水)〜7月13日(水)10:00〜17:00
休館日:月曜日※祝休日の場合は開館し、直後の平日が休館日となる
入館料:無料

リセマム

「不思議」をもっと詳しく

「不思議」のニュース

BIGLOBE
トップへ