重度の「歯周病」は本当に抜歯するしかないのか?

6月17日(日)16時0分 NEWSポストセブン

間違いだらけの検査と治療に注意(歯周ポケット検査の様子)

写真を拡大

 日本人の抜歯原因1位が「歯周病」だ。にもかかわらず、患者を惑わせる様々な“嘘”や“誤解”が蔓延し、検査や治療が必ずしも適切に行なわれていない実態がある──発売即重版の話題書『やってはいけない歯科治療』著者のジャーナリスト・岩澤倫彦氏が“歯周病治療の罠”を告発する。


 * * *

 取材で驚いたのが、“抜歯の判断は、歯科医によって異なる”という点だ。歯周病治療のリーダーとして歯科医たちを指導する弘岡秀明氏(スウェーデンデンタルセンター・院長)はこう話す。


「一般的に歯根を支える組織(歯槽骨)が、3分の1になると、抜歯と判断する歯科医が多い。歯を残すスキルがない歯科医は、抜歯する方が簡単なのです。しかし、歯根が3ミリ程度しか歯槽骨に入っていない状態でも、歯を残せる場合もあります。歯科医のスキルと、患者の毎日の努力が必要ですが」


 つまり、同じ重度の歯周病でも、担当する歯科医によって、歯の運命は変わってしまうのだ。


 ある60代男性は、5年間も歯周病治療に通いながら、大きく歯が動揺するようになり、次々と抜歯されて、上顎が入れ歯になってしまったという。このように歯周病治療をせず、安易に抜歯されてしまうケースは珍しくない。


「歯周病菌は、酸素があると生存できない嫌気性で、歯周ポケットの中に入り込み、バイオフィルム(様々な種類の細菌が集まった、粘着性の菌膜)として定着します。だから定期的に、専門クリニックで歯周ポケットの管理をすることが重要です」(弘岡氏)


 最近では“予防歯科”に通う人も増えたが、クリニックによっては、虫歯予防に意識が偏っている傾向が見られる。そのため、歯周ポケット検査も満足に行なっていないケースもあった。


 歯周病で歯を失わないためには、歯科医任せではなく、患者自身が正しい知識を身につける必要がある。重度の歯周病と診断されても、諦めないでほしい。


※週刊ポスト2018年6月22日号

NEWSポストセブン

「歯周病」をもっと詳しく

「歯周病」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ