【星座別】婚期を逃したと思っても…こうすれば結婚への道が開ける!

6月18日(月)11時0分 yummy!

婚期を年齢で決めていませんか?
特に女性は妊娠のできる年齢までを、婚期とかんがえている人が多いようです。
しかし、男女ともに婚期がなくなることはありません。
それは人生をパートナーと共に歩むことが、学びの一つだからです。
意外にも婚期を逃したと思った時こそ、結婚への道が隠れています。
それを星座別に解説しましょう。

おひつじ座(3/21-4/19)


恋人を見つけることに苦労する星座ではないので、気持ちが沈んでいるようであれば、まずはそちらの解消を優先させると良いでしょう。
趣味趣向さえ合えば結婚まで進めるはずなので、そこに注目してみてください。

おうし座(4/20-5/20)


結婚に関して金銭面のことはクリアできているケースが多いので、婚期を逃したと思う前に、自分には次の恋人と結婚する準備ができていると思うことがポイントになるでしょう。
結婚までの交際期間が短くても大丈夫な星座でもあるので、その点は自信をもってください。

ふたご座(5/21-6/21)


婚期を逃したと思う時間がもったいないので、すぐにでも次の恋人を探し始めた方がよいでしょう。
コミュニケーション能力は12星座随一なのですから、それを生かす方向で動いてみてください。

かに座(6/22-7/22)


意外な人、あるいは近くにいる人と結ばれる運命をもっているので、婚期を逃したと思うまえに、身の回りで探してみましょう。
ただし、燃えるような恋愛ではなく、穏やかに時間が過ぎていくような恋愛→結婚になりますので、それは覚悟してください。

しし座(7/23-8/22)


しし座の人は婚期を逃すという言葉自体があてはまらないぐらい恋多き星座ですので、一時的な落ち込みみたいなものでしょう。
そもそも年齢や婚期を気にして、恋愛や結婚を考えるタイプではないので、その気になればすぐに見つかります。

おとめ座(8/23-9/22)


婚期を逃したというよりは、結婚相手に選ばれない選択をしていることに気づけば、すぐに結婚できるでしょう。
おとめ座は余計な考えや執着にさえ囚われなければ、結婚に向いている星座であり、周囲からも、なぜか結婚をすすめられてしまう人が多いはずです。

てんびん座(9/23-10/23)


本人の望みに関係なく、普通の人と結ばれることが少ない運命をもっているため、アプローチする相手を変えてみるといいでしょう。
普通の人と結婚することを諦めれば、婚期は一気に近づいてきます。

さそり座(10/24-11/22)


過去の恋愛を捨てることで、本当の意味での婚期が始まるでしょう。
愛情が深い星座だけに、そこにとらわれてしまい、無意識のうちに相手に選ばれないような選択をしていることに気づいてください。

いて座(11/23-12/21)


切り替えは早いのですが、婚期を逃したので独身人生を考えるような切り替えはやめましょう。
それさえやめてしまえば、コミュニケーション、魅力とも高いので、すぐに次の恋人が見つかります。あとは、見切りもはやいので三年ぐらいはお付き合いするつもりの覚悟で。

やぎ座(12/22-1/19)


婚期を逃したというよりは、また最初から恋愛という人間関係を作りあげていくのが面倒だと思っている、その考えをやめましょう。
独特のセンスをもっているため、意外に恋愛をする相手は困っていないはずです。

みずがめ座(1/20-2/18)


基本的に婚期を逃したという考えそのものがなく、むしろ結婚という形にこだわりがないでしょう。
問題は結婚という形にこだわりがないことなので、もう少し結婚という形にこだわってみると、次の恋愛は結婚まですすめるはずです。

うお座(2/19-3/20)


理屈で考え過ぎてしまう傾向があるため、自分で勝手に婚期を作って諦めるのではなく、自分に結婚の可能性を見つめるようにしましょう。
そうすることで、結婚へ至るまで詳細な段階が見えてくるようになるはずです。
(Wicca/ライター)

yummy!

「星座」をもっと詳しく

「星座」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ