メルセデス・ベンツが新型「GLE」発表、初の3列シートで7人乗りに

6月19日(水)11時0分 マイナビニュース

メルセデス・ベンツ日本は同社SUVラインアップの中核モデルである「GLE」をフルモデルチェンジし、受注を開始した。価格は直列6気筒クリーンディーゼルエンジンを積む「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」というグレードで1,089万円。GLEとしては初めて3列目シートを設定したことにより、乗車定員は7名に増えた。

○パワートレインの異なる3モデルで登場

GLEは前身の「Mクラス」が1998年に誕生して以来、同社SUVラインアップの中核モデルとして進化を遂げてきた。2015年10月には車名を現在の「GLE」に改称。4世代目となる新型GLEは、内外装のデザインを一新して生まれ変わった。「ハイ! メルセデス」とクルマに話しかければ、空調の設定などを対話形式で行える「MBUX」(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)など、メルセデス・ベンツの最新技術も搭載している。

先代モデルよりホイールベース(前輪と後輪の間の幅)が80mm伸びたことにより、新型GLEの居住性と積載性は向上している。全モデルに標準装備となる2人掛けの3列目シートは、フレキシブルなシートアレンジが可能な可倒式だ。3列目シートまで使っている時のラゲッジルーム容量は160Lだが、2列目と3列目のシートを倒した場合、容量は2,055Lまで拡大する。

新型GLEのグレードは、「GLE 300 d 4MATIC」「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」「GLE 450 4MATICスポーツ(ISG搭載モデル)」の3種類だ。「300」は2.0L直列4気筒クリーンディーゼルエンジン(最高出力245ps、最大トルク500Nm)、「400」は3.0L直列6気筒クリーンディーゼルエンジン(同330ps、700Nm)を搭載。「450」は3.0L直列6気筒ガソリンエンジン(同367ps、500Nm)にハイブリッド車のようなシステムの「ISG」(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせる。ISGのモーターは最高出力16kW、最大トルク250Nmを発生する。

納車は「450」が今日からで、「400」は2019年8月以降。「300」は11月以降を予定している。価格は「450」が1,132万円(消費税率8%)、「400」が1,089万円(同8%)、「300」が940万円(同10%)だ。

マイナビニュース

「ベンツ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ベンツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ