「淡路市夏祭り花火大会」を山頂から見物 宿泊者限定「見下ろす花火・星空観賞体験」

2024年6月21日(金)9時0分 OVO[オーヴォ]


 花火の季節。首が痛くなるほど見上げていることが多いが、これは花火を見下ろして楽しめる。7月21日に開催される「淡路市夏祭り花火大会」に合わせて、「見下ろす花火・星空観賞体験」(ニジゲンノモリ・兵庫県淡路市)を実施する。

 花火大会の会場となる淡路島国営明石海峡公園(淡路市夢舞台)は、ラグジュアリーヴィラ「GRAND CHARIOT北斗七星135°」の山頂にある展望台から見下ろすことができる。展望台からは、明石海峡大橋や関西国際空港が見渡せる。普段は見上げる花火を、神戸の夜景をバックに見下ろすことができる。

 また星空マスターが夏の満点の星空を案内する「星空ツアー」も同時開催。淡路島の山頂から見下ろす花火、見渡す絶景、見上げる満点の星空を楽しもう。

 料金は1室2人利用時、1人あたり4万5980円〜(夕朝食付き、税・サービス料込み)。宿泊の3日前までにホームページから予約する。




ラグジュアリーヴィラ「GRAND CHARIOT北斗七星135°」

OVO[オーヴォ]

「花火」をもっと詳しく

「花火」のニュース

「花火」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ