リン=マニュエル・ミランダ主演『ハミルトン』、Disney+で7月配信開始

6月22日(月)19時0分 シネマカフェ

『ハミルトン』(C)2020 Lin-Manuel Miranda and Nevis Productions, LLC. 

写真を拡大

ブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』が7月3日(金)よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+」にて世界同時配信される。

トニー賞11部門受賞をはじめ、グラミー賞、ローレンス・オリヴィエ賞、ピューリッツァー賞と、数々の主要賞を獲得した「ハミルトン」。アメリカ建国の父の1人で、10ドル札の肖像になっているアレクサンダー・ハミルトンの生涯を、ヒップホップ、ジャズ、R&Bとブロードウェイが融合し描く歴史ミュージカルだ。

本作は、2016年6月にブロードウェイのリチャード・ロジャース・シアターにて上演された舞台をそのまま撮影し映像化。視聴者は独自の近さでブロードウェイのステージを楽しむことができる。

キャストには、アレクサンダー・ハミルトン役をリン=マニュエル・ミランダが務めるほか、ダヴィード・ディグス(ラファイエット侯爵/トーマス・ジェファーソン役)、レネー・エリス・ゴールズベリー(アンジェリカ・シュイラー役)、クリストファー・ジャクソン(ジョージ・ワシントン役)、ジョナサン・グロフ(ジョージ3世役)、フィリッパ・スー(エリザ・ハミルトン役)、ジャスミン・セファス・ジョーンズ(ペギー・シュイラー/マリア・レイノルズ役)、オキエリエテ・オナオドワン(ヘラクレス・マリガン/ジェームズ・マディソン役)、そしてアンソニー・ラモス(ジョン・ローレンス/フィリップ・ハミルトン役)が出演。

製作は、ブロードウェイの制作陣からリン、ジェフリー・セラー、トーマス・ケイルが参加、ケイルは監督も務めている。

主演だけでなく、製作・脚本・音楽・作詞も務めたリンは「トーマス・ケイル監督が、『ハミルトン』をこのように美しく映像化してくれたことを誇りに思います。彼は全ての視聴者がこの作品を自宅の特等席で観られることを可能にしてくれたのです」と感謝を述べ、「この作品を楽しみにしてくださっているファンの皆様のご要望にお応えし、今回の配信開始を実現できたことを本当に嬉しく思っています。この作品は私たちの誇りです。そして、早く皆様に観て頂きたいです」とコメントしている。

なお、世界同時配信を実現するために、配信開始のタイミングでは英語音声のみ。日本語字幕版の配信は決定次第、公式サイトなどで発表される。

『ハミルトン』は7月3日(金)16時よりDisney+にて配信予定。

シネマカフェ

「ハミルトン」をもっと詳しく

「ハミルトン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ