東京2020観戦チケットの当選発表! 購入手続きや受け取り方法をチェック

6月22日(土)7時40分 マイナビニュース

東京2020オリンピック、第1次チケット販売の抽選結果が6月20日から発表されています。「TOKYO 2020 ID」に登録したメールアドレスにも随時、抽選結果が送付される予定です。人気の高いチケットだけに購入の手続きや詐欺には注意したいもの。当選確認から購入までのステップを改めて確認していきましょう。

○抽選結果発表をかたる詐欺メールに注意

6月20日、ついに東京2020オリンピック公式チケットの第1次チケット販売抽選結果が発表されました。発表当日は大勢の人が抽選結果確認のため公式チケット販売サイトに殺到。5月9日の抽選受付時と同様に入場規制もかかってしまい、まだ東京2020公式チケット販売サイト内の「マイチケット」ページにアクセスできていない方も多いのではないでしょうか。

抽選結果は、「TOKYO 2020 ID」に登録したメールアドレスにも随時送付される予定となっており、すでにメールが届いている方もいるでしょう。ですが、非常に競争率が高いチケットであるため、警視庁サイバーセキュリティ対策本部から「抽選結果発表をかたったニセメールに気をつけてください」という注意喚起が行われています。本物のメールとなりすましメールを見分けるためには、どのような点に気を付けたらよいのでしょうか。

1つは「本物のメールには、URLの記載がない」ということ。メールで当選の通知が届いていても、どのチケットが当選したかは自分で「マイチケット」ページにアクセスして確認するという方式になっており、メール内にURLは記載されていません。

もう1つは「本物のメールは、『tokyo2020.jp』ドメインから送信されている」ということ。送信元をよく確認するようにしましょう。手紙や電話で連絡が行われることもありません。

当選したチケットは、自ら東京2020公式チケット販売サイトを訪問し、TOKYO 2020 IDでログインして、「マイチケット」ページに移動する、というフローで内容を確認することができます。なんらかのURLが記載された当選メールは、詐欺メールと考えて間違いないでしょう。

○チケットの購入手続きは7月2日(火)まで!

「マイチケット」ページで無事に当選していることが確認できたら、購入手続きを行いましょう。期日までに購入手続きを完了しないと、購入の権利は失効してしまいます。購入期限は、7月2日(火)23時59分です。

チケット購入時には、最初に来場・観戦を予定している人の氏名と連絡先の登録が求められます。これは、来場時に身分証による本人確認や購入者の連絡先への確認が行われる場合があるからです。来場予定者は「マイチケット」ページから変更が可能なので、ひとまずは来場する可能性の高い人を登録しておけば問題ないでしょう。

なお「東京2020みんなで応援チケット」に当選している場合は、来場者の氏名に加えて「一般」「子ども(12歳以下)」「シニア(60歳以上)」「障がいのある方」のいずれかを選択する必要があります。
○チケットの受け取り方と支払い方法

次に、チケットの受け取り方法を3つから選択します。スマホやタブレット端末などで表示できる「モバイルチケット」、自分でプリントアウトして発行する「Print@Home」であれば、手数料は無料です。配送で受け取る「紙チケット」の場合、発行手数料として1枚当たり324円(税込)、配送料として1件当たり864円(税込)がかかります。

続いて、支払い方法を選択します。チケット代金は、複数のセッションに当選した場合であっても、全額を一括で支払う必要があります。支払い方法は、「Visaカードによるクレジットカード決済」もしくは「コンビニでの現金決済」の2通りです。

購入金額が30万円を超える場合はクレジットカード決済のみとなります。利用できるVisaは、「Visaクレジット」「Visaデビット」「Visaプリペイド」の3つとなります。複数のセッションに当選した方は、クレジットカードの限度額にもご注意ください。コンビニで支払う場合は、チケット代金の他に別途432円(税込)の支払手数料が必要です。

○「マイチケット」から購入を確認

手続きが完了したら、念のため最後に購入手続き内容を確認しましょう。公式チケット販売サイトの「マイチケット」ページにある「購入履歴」から「詳細」を選択すると確認できます。

なお、チケットの購入手続きが完了した後のキャンセルは行えません。またオークションサイトなどでの販売は運営会社により禁止されており、転売されたチケットは無効化されますので、転売は行わないようにしましょう。2020年の春ごろには、不要になったチケットを定価で出品できる「リセールサービス」が公式サイト販売サイト内で開始される予定ですので、何らかの事情で観戦できなくなった人はその機会を待ちましょう。

一生のうちに何度あるかわからない、自国でのオリンピック。貴重なチケットに当選した方は、観戦の機会を逃さぬよう、確実に手続きを行ってください。

マイナビニュース

「チケット」をもっと詳しく

「チケット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ