韓国イケメン俳優のセクシーすぎるキステクニックに渡辺直美ら大興奮「1番のキスシーン。この地球上で」

6月24日(日)11時0分 AbemaTIMES

 AbemaTV(アベマTV)にて、6月23日(土)よる11時より『恋愛ドラマな恋がしたい』の第5話が放送され、韓国出身のイケメン俳優・テジュのセクシーなキステクニックに注目が集まった。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、お笑い芸人の渡辺直美と、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあ、レギュラー出演していた俳優の大野拓朗に代わって俳優の前野朋哉を迎えた。


 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、モデルとして活躍する縣豪紀(以下:あがた/26歳)、ジュノンボーイコンテスト準グランプリで大学生の岡田龍太郎(以下:りゅうたろう/24歳)、恋愛経験なしでキスも未経験という川村海乃(以下:うみちゃん/22歳)、韓国で俳優と活動しているテジュ(以下:テジュ/29歳)、半年前にボーカリストとしてデビューした橋本 裕太(以下:はっしー/23歳)、モデルをしている姫野佐和子(以下:ひめちゃん/23歳)、元NMB48のメンバーの三秋里歩(以下:りぽぽ/23歳)、ダンスが得意な女優の米山穂香(以下:こめちゃん/20歳)の男女8人。

 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというのだ。

 1回目のオーディションのときから両思いでペアを組み、これまで2回のオーディションをともに頑張ってきたテジュ&ひめちゃんペア。はじめてスタジオ収録に参加した俳優の前野も「僕はテジュさんと姫野さんの関係がすごい好き。2人が結婚して子供産まれるまでみたい」と注目している2人だったが、今回のオーディションでは、まさかのテジュだけが主役に選ばれるという展開に。そして、テジュの相手は、りゅうたろうに思いを寄せるこめちゃんになった。

 テジュは、本番前から感情を作るため、こめちゃんと積極的にコミニュケーションを取ったり、プレッシャーで泣き出してしまうこめちゃんに、「いいなぁ、感情が豊かで」と涙をぬぐってあげたりと男前な一面を垣間見せる。

 さらに、こめちゃんと2人っきりになると、「さっきは大丈夫だった?」と声をかけ、またもや泣きそうになるこめちゃんのことを抱き寄せ、「本当に才能だから。正直に自分の感情を(出せることは)」と、その感受性を褒めた。

 そして、「愛して、今日だけ。明日からも愛してもいいけど(笑)」と優しく冗談を言いながら再びハグをし、「もうこういう風に愛し合ったらいいよ」と話すテジュ。その完璧な対応には、スタジオメンバーも「テジュすげぇ」「めちゃくちゃかっこいい」と感心しているようだった。

 そして始まった本番では、こめちゃんの頬に手を添え、官能的な深く熱いキスを交わす。視線、角度、タイミング、指使いとすべてが完璧すぎるテジュのキスに、こめちゃんも放心状態に。これには、スタジオメンバーも、「キャー!!やばいやばい!!」と悲鳴をあげる。

 渡辺も「今までで1番のキスシーン。この地球上で」と大興奮。前野も「こめちゃんの目、やばかったですよ。とっろ〜んとしてて」とコメント、福徳も「今回のキス、エロいな」とテジュのテクニックを絶賛していた。

 視聴者からも「テジュやばあああああ」「テジュかっこよすぎ!!」「テジュ君…素敵すぎる…」「テジュの右手がえっちすぎる!」「テジュに惚れた」「テジュの優しさとストレートさが素敵すぎる…」「チューにも優しさが溢れるってすごい」「テジュとキスしたい」「一生テジュのキス見ていたい」「テジュ全てが完璧だな」などのコメントが寄せられていた。

(c)AbemaTV

AbemaTIMES

「セクシー」をもっと詳しく

「セクシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ