セネガル戦から一夜、都心で鉄道遅延相次ぐ 「寝不足」でイライラ募る人も

6月25日(月)14時0分 Jタウンネット

都心ではイライラ爆発?

写真を拡大

2018年6月25日朝、東京都の都心部などで電車の遅延が相次いだ。


ネット上では、サッカー・ロシアW杯の日本対セネガル戦を見ていた人もいてか、「寝不足」によるいらだちの声も見られた。


「もう帰って寝たい」


25日の通勤時間帯には、山手線の信号トラブルをはじめ、中央線、京浜東北線、埼京線といった路線で、急病人救護や混雑などにより遅れが生じた。 ツイッター上ではいらだちの声が飛びかった。


「中央線めっちゃ遅延してんじゃん」
「京浜線と山手線両方共遅延するなんて考えもしなかった」
「京浜東北線ヤバすぎ 山手線信号トラブルで運転見合わせと遅延→京浜東北線も混雑で死亡→上野で救護活動でさらに遅延→御徒町で救護活動でまたまた遅延」

一部には今回の遅延と、深夜0時から2時にかけて行われたサッカーW杯セネガル戦とを結びつける人や、サッカーを見ていたため寝不足のまま電車に乗っている人からの声もみられた。


「首都圏JR各線が揃いも揃って遅延してますが、みんなサッカー見てて寝不足だからしゃーないって言ったら情状酌量されるんじゃないっすかね(適当)」
「みんなサッカーで寝不足のせいか関東の電車で『お客様救護の為に遅延』の案内をよく見る」
「サッカーで寝不足なのに電車遅延でこの暑さ。もう帰って寝たい」

なお25日13時現在、山手線、中央線、京浜東北線、埼京線での遅延は解消されている。

Jタウンネット

「遅延」をもっと詳しく

「遅延」のニュース

「遅延」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ