動物園・水族館対抗「へんないきもの」頂上決戦 竹島水族館は「ヒト」をエントリー

6月25日(火)8時0分 Jタウンネット

「へんないきもの大王タイトルマッチ」公式サイトより

写真を拡大

[ドデスカ!-名古屋テレビ]2019年6月13日放送の「竹田のイマネタ!」のコーナーでは、愛知県蒲郡市の竹島水族館にいるという「へんな生き物」について特集していました。


インターネット投票で変わった生き物ナンバーワンを決める「へんないきもの大王タイトルマッチ」。この企画に、竹島水族館がエントリーした「生き物」は、なんと飼育員だったのです。



まさかの人間


「へんないきもの大王タイトルマッチ」は、国内20か所の動物園・水族館が飼育している生き物たちの中から、ナンバーワンを決めるインターネット投票企画です。


竹島水族館がエントリーしたのは「人間(ひと)」こと三田圭一さんで、同水族館で飼育員をしています。三田さんが選ばれたのは、深海の生き物を食べているから。生き物の説明のために12年前から変わった生き物を食べ始め、今までに食べたものは70種類にのぼるそうです。


三田さんは「お客さんが食べたことのない魚の味を伝えると、喜んで説明を聞いてくれ、食育にもなるため続けている。100種類を食べることが目標」と語っています。


はたして変な生き物の頂点に立つことができるのか、今後の結果が気になります。投票受付は7月7日まで。


(ライター:ケイ)

Jタウンネット

「動物」をもっと詳しく

「動物」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ