エルモなどの「セサミストリート」誕生50周年記念切手アメリカで発売

6月25日(火)14時0分 おたくま経済新聞


 アメリカ発の人気幼児教育番組「セサミストリート」。日本でもエルモやビッグバード、クッキーモンスターなど、個性的なマペットのキャラクターが人気です。2019年にアメリカでの放送50周年を迎えるのを記念して、アメリカの郵政会社USポスタルが16種1シートの記念切手を6月22日(現地時間)に発売しました。

 故ジム・ヘンソンらによって創始された「セサミストリート」。1969年11月10日に第1回が放送されました。ニューヨークのマンハッタンにある架空の場所、セサミストリートを舞台に、そこに生活するマペットによるキャラクターの数々と実在の人物とが共演し、マペットの生き生きした動きと当意即妙なやりとりは世界中で人気となりました。日本ではNHKが1971年の初放送以来、途中に中断期間を挟みながら2004年まで、2004年〜2007年の期間はテレビ東京系やアニマックスでも放送されています。

 今回USポスタルから発売される切手は、人気のキャラクターが単独で描かれた16枚の切手が1シートになったもの。登場しているキャラクターは、ビッグバード、アーニー、バート、クッキーモンスター、ロジータ、カウント伯爵、オスカー、アビー・カダビー、ヘリー、ジュリア、ガイ・スマイリー、スナッフィー、エルモ、テリー、グローバー、ゾーイです。額面は、今後料金が改定された後も封書1オンス分の郵送料金として使用できる「フォーエバー(Forever)」と呼ばれるもの。1シートの価格は8ドル80セント(約945円)となっています。

 2019年6月22日(現地時間)にアメリカのデトロイトで開催されたセサミストリートのイベント「セサミストリート・ロードトリップ」で行われた記念セレモニーで、USポスタルのルーク・グロスマン副社長は「これまでの50年間、広く知られ、かつ愛されるセサミストリートは、子供たちの心や親御さん、ファンをとりこにしてきました。私たちはセサミストリートを顕彰し、キャラクターたちの愛らしい姿をデザインしたこの記念切手を発行することになりました」と祝辞を述べています。

 セサミストリートを製作しているセサミ・ワークショップのメディア・教育部門責任者を務めるスティーブ・ヤングウッドCOOは「私たちの使命は、子供たちを賢く、強く、そして優しく育てる手助けとなることです。そしてはがきや封筒に切手としてセサミストリートのもふもふした“お友達”が微笑み——世界中の子供やその家族たちに、セサミストリートが学ぶことや楽しいことをいつまでも届け続けることを思うと、ワクワクしてきます」と切手化の喜びを語っています。

 残念ながらUSポスタルの公式ショッピングサイトでは、アメリカ以外への発送は受け付けていませんが、在日米軍施設や大使館、総領事館宛には「国内郵便」として発送が可能となっています。

<出典・引用>

USポスタル プレスリリース

Image:US Postal

(咲村珠樹)

おたくま経済新聞

「アメリカ」をもっと詳しく

「アメリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ