Netflixの『新世紀エヴァンゲリオン』 エンディングの「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン(Fly Me to the Moon)」はどこ行った?

6月26日(水)14時0分 ガジェット通信

Netflixの『新世紀エヴァンゲリオン』 エンディングの「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン(Fly Me to the Moon)」はどこ行った?

写真を拡大

Netflixが6月21日から配信を開始したアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』。カヲルとシンジの会話の英訳が物議を醸したりしていますが、エンディングで流れるはずの「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン(Fly Me to the Moon)」が、アメリカでは流れないようで、これまた議論を呼んでいます。

【関連記事】Netflixで『新世紀エヴァンゲリオン』の配信スタート カヲルとシンジの会話の英訳が議論に
https://getnews.jp/archives/2171850 [リンク]

https://twitter.com/somebadideas/status/1142053272041250819
「Netflixのアメリカ版エヴァンゲリオンには、エンディングの“フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン”がない。日本版にはちゃんとあるということは、音楽のライセンス料を払ってないのだろう。やる気ない配信だとこういうことやるよね」と、Netflixがライセンス料をけちったことを皮肉るツイート。

https://twitter.com/Valsu/status/1141977050560860160
ミサトの画像を使い、「エンディングで“フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン”が流れない時の気持ち。どういう決定だよ?」と怒りをあらわにする人もいます。

https://twitter.com/mushroomempires/status/1141994217469894656
「Netflixが“フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン”のライセンスを買わなかった時のオレ」と、ミサトが頭を抱えるシーンを投稿する人もいます。

その他にも以下のような声が上っています。

・Netflixはエヴァを台無しにしたな
・Netflixでエヴァ見るのやめようぜ
・アニメを滅茶苦茶にするとメディアが騒ぐ。メディアが騒ぐと視聴率が跳ね上がるというアルゴリズムをNetflixは持ってるからな
・泣くわ
・ドラマとかには金じゃんじゃんつぎ込んでるのに、なんでドラマの制作費よりはるかに安いであろう音楽ライセンスをケチる?
・『新世紀エヴァンゲリオン』なんて見たことないからどうでもいいわ
・エヴァへの冒涜だ
・DVDならこんなことはないぞ

Netflix版『新世紀エヴァンゲリオン』は、アメリカのコアなエヴァファンにとっては、残念ながら色々と突っ込みどころが満載となってしまったようです。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/OpeningsDaily/status/1142076971633008643

—— 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

—— 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「Netflix」をもっと詳しく

「Netflix」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ