アノニマスが「NASAはまもなく異星人の存在を公表する」と発表

6月27日(火)9時0分 カラパイア

1_e

 国際的ハッカーグループのアノニマスが、NASAがまもなく異星人の存在を公表すると主張する動画をリリースした。

 アノニマスのものと主張される非公式のユーチューブチャンネルに投稿された動画では、陰謀論系サイト「Ancient-Code.com」から抜粋した3つの記事が読み上げられる。

【続々と発見されている地球型惑星】

5_e

 最近なされた太陽系ならびに太陽系外での新発見は、確かに異星人とのファーストコンタクトを切望する人々の期待をいやがうえにも高まらせるものだ。

 4月、カッシーニ探査機が土星の衛星エンケラドゥスで水素を発見したと発表された。これは氷で閉ざされた衛星の海底に微生物が生息するために”欠けていた素材”である。

 また今月、NASAエイムズ研究センターは、この銀河にある惑星と推定される候補の数が4,034個に達したと発表。ケプラー宇宙望遠鏡が発見した惑星候補のうち2,300個以上が惑星と確認されており、その中の30個以上が地球と同程度の大きさかつ生命の誕生に適したハビタブルゾーンに位置することが分かっている。

 これらの新発見は、地球以外の惑星に存在する生命の楽園に関する知見を爆発的に増加させることだろう。

「ワレワレハ、ヒトリデハナイ」NASAが新たに10個の地球型惑星を発見

6_e0
image credit:youtube

 4月26日、米科学・宇宙・技術下院委員会(House Committee on Science Space and Technology)のラマー・スミシン委員長は「他の世界の存在を検出できるようになったのはここ数十年のことでしかありません。地球以外の場所に存在する生命の証拠の探索は、アメリカ人を熱狂させています」と発言。

 アノニマスの動画では、この発言に応じた3つの記事の文章が読み上げられ、地球外生命の発見がまもなく発表されるだろうと予測した。なお、記事自体は署名のないもので、オリジナルが投稿されたAncient-Code.comはクロアチア国内のサイトであるようだ。


Anonymous: NASA Is About to Announce the Discovery of Intelligent Alien Life

 追記:この報道を受けてNASAは「まだ見つかってないから」と発表したようだ。

アノニマスの発言にNASAの科学者が言及、「いやまだ地球外生命体とか見つけてないから」


via:iflscience.newsancient-codeなど

あわせて読みたい
NASAが宇宙人を判別するための試薬を開発


NASAに資本出資している億万長者が暴露「宇宙人は既に確認されている」


インターネット上で暗躍するアノニマスの知られざる10の事実


ハッカー集団「アノニマス」が暴いた最も衝撃的な10の秘密


世界で最も危険人物とされた10人のハッカー(クラッカー)たち

カラパイア

「NASA」をもっと詳しく

「NASA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ