大韓航空、金浦空港ラウンジを一新--国際線ラウンジは出国審査後エリアに

6月27日(水)13時36分 マイナビニュース

大韓航空はこのほど、金浦空港KALラウンジのリニューアルを実施した。国内線ラウンジは6月22日に、国際線ラウンジは6月25日に一新し、特に国際線ラウンジは一般エリアから出国手続き後エリアへと移動した。

国内線ターミナルは4階保安検査通過後の11番搭乗口付近、国際線ターミナルは4階出国審査過後34番搭乗口付近となる。リニューアルした国際線ラウンジには398平方メートルの広さに101席を設定している。ラウンジ内には、VIPルーム、食事・スナック・アルコール・ジュース、Wi-Fi、充電機器、テレビ、新聞・雑誌等を備えている。

大韓航空は現在、金浦空港へは羽田空港から毎日3便、関西空港から毎日2便運航している。

マイナビニュース

「大韓航空」をもっと詳しく

「大韓航空」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ