放送作家と構成作家の違いとは?

6月28日(金)12時0分 ビーカイブ

放送作家と構成作家の違いとは?

写真を拡大

放送作家や構成作家と呼ばれる職業があります。テレビやラジオ番組で、企画のアイデアを考えたり、番組の進行台本を執筆したりといった仕事がイメージされます。単に作家とだけ呼ばれることもありますが、放送作家と構成作家の両者にはどのような違いがあるのでしょうか。



放送作家の仕事は?
放送作家は番組の演出や出演者のセリフやナレーションなどを中心に書く仕事が多くあります。これは文字通り放送に関わる仕事であると言えるでしょう。一方で構成作家は番組全体の流れや各コーナーの企画を考える仕事を指すようです。もちろん、これらの作業はきちっと分業化できるわけではありませんから、放送作家にして構成作家であるという人は少なくないでしょう。

リサーチャーの仕事も
さらに、放送作家の見習いや、新人時代にやる仕事としてリサーチャーなるものがあります。こちらは企画案に沿ったリサーチ案件を出してくるものですね。例えば大盛りのラーメンを特集するとしたら、そうしたお店を10軒ピックアップするといったものです。今ならば、インターネットの検索でそうした情報は簡単に出てきますが、かつては図書館でリサーチしたり、あるいは友人知人のつてをたどって行くといったこともあったようですね。

どちらが向いているか?
放送作家は、台本のナレーションなどを書いていきますから緻密な作業であると言えるでしょうね。一方で構成作家というのは企画案などを出していくわけですから、ラフでありながらも新規性や独創性なども求められます。やはり、それぞれの人には向き不向きといったものもありますから、自分はどちらのタイプに向いているのかといったことを見極めていく必要もあると言えるでしょう。そうした部分を自覚できるかどうかというところも、いわば放送作家や構成作家に向いているかどうかということになるでしょうね。

ビーカイブ

「放送作家」をもっと詳しく

「放送作家」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ