迷犬「ダンテ」のモデルは死者の国への案内犬だった!? 『リメンバー・ミー』ボーナス&本編映像を独占解禁

6月28日(木)19時0分 ガジェット通信

迷犬「ダンテ」のモデルは死者の国への案内犬だった!? 『リメンバー・ミー』ボーナス&本編映像を独占解禁

写真を拡大

この春劇場公開し大ヒットを記録したディズニー/ピクサー劇場大ヒット作『リメンバー・ミー』のMovieNEXがついに7月18日にリリース、7月4日にデジタル配信開始となります。今回は、映画に登場する犬のキャラクター「ダンテ」に関する動画を独占でご紹介!

解禁となった2つの動画は物語で重要な役割を果たす犬ダンテのモデルになったショロ犬について紹介するスタッフのインタビュー映像と、本編クリップ映像からダンテとミゲルたち一族のユニークなシーン。

家族から音楽を禁じられたミュージシャン志望の少年ミゲルは、思いがけず迷い込んだ”死者の国”で自分の先祖たちと会い、一家に代々伝わる音楽禁止令に隠された意外な真相を知ることに。そんなミゲルのことが大好きで、いつも一緒にいる元気なノラ犬がダンテだ。どうやら音楽の良し悪しを理解しているらしく、ミゲルの奏でる美しいギターの音色の大ファン。もちろん”死者の国”へもついて行き、あっと驚くような活躍ぶりでミゲルの大冒険を支える。本作の物語に欠かすことの出来ない重要なキャラクターです。

このたび解禁されたインタビュー映像では、そんなダンテのモデルとなったメキシコ原産の犬種、ショロ犬を紹介。ショロ犬は太古のアステカ時代には既に存在しており、メキシコでは治療目的で使われることもあるそう。体毛がないので抱くと熱を放って暖かいため、人間の心を落ち着かせてくれる効果があるからなんですって。しかもアステカ神話では、死んだ人間は死者の地”ミクトラン”へ旅立つが、自力では行けないためショロ犬が案内すると語られているほど。つまり、ショロ犬はこの世とあの世をつなぐ重要な存在なのだ。死者の国への案内役と言うべきダンテのモデルとして、まさにぴったりな犬なのです。

【動画】『リメンバー・ミー』ダンテのモデルとなった“ショロ犬”の魅力をご紹介
https://www.youtube.com/watch?v=ahwd3zvKkuo

さらに、そのダンテのお茶目な魅力を垣間見ることが出来る本編クリップ映像も解禁! ”死者の国”に迷い込んだミゲルとダンテを元の世界へ戻すため、ひいひいおばあちゃんのイメルダらご先祖様たちが事務官のもとへ連れてくるシーン。机の上に置かれた美味しそうなお菓子の誘惑に負けてしまうダンテのことをアレブリヘ(死者の国で、死者が迷わないように道案内をしてくれる精霊(魂のガイド))と勘違いするトボケた事務官と、負けず劣らずのん気なご先祖様たちとのユーモラスな掛け合いをお楽しみください。

【動画】『リメンバー・ミー』お茶目すぎる犬「ダンテ」の本編映像
https://www.youtube.com/watch?v=EfeoFCGUYUE

『リメンバー・ミー』
7月4日(水) 先行デジタル配信開始
7月18日(水) MovieNEX(4,000円+税)4K UHD MovieNEX(7,800円+税)
MovieNEX スペシャルボックス BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSオリジナルアイテム付(数量限定)(13,800円+税)発売
(C) 2018 Disney/Pixar

—— 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「モデル」をもっと詳しく

「モデル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ