「こんな人間が生きていても…」ネガティブな相談者に、江原啓之が喝!

6月29日(土)20時0分 TOKYO FM+

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回番組では、ネガティブな自分に悩む方のメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。


◆早く人生が終わればいいのに…
「私は昔、何度も言われた暴言、“冷たい”“人の失敗を喜ぶヤツだ”“自分のことしか考えてない最低な人間”などを思い出してしまいます。言われたときは頭が真っ白で、何も返せず、後に“自分が〇〇だったからこんなことを言わせてしまったんだ”と分析し、反省するなどしています。しかし、ふとしたときに、これらの言葉が一気に過去から押し寄せ、やる気や気力が奪われ“こんな人間が生きていても、周りに迷惑では”“早く人生が終わればいいのに”と、ネガティブになってしまいます。“もう過去のことだ”と気持ちを切り替えようとしても、気づいたらまたネガティブの沼の中。江原さんはテレビやラジオのお仕事をされている分、私よりも酷い暴言を吐かれ、傷ついたことが何度もあると思いますが、どうやって気持ちを切り替えているのでしょうか? 何か具体的な方法があれば、教えて欲しいです」

◆江原からの“ことば”
「気にし過ぎ。簡単に解決する言葉。それは“金持ちケンカせず”。“幸せな人は意地悪をしない”というのと同じ。本人が思う程、相手は思ってはいないし、無責任な発言が多い。ネガティブなことを言う人は、不幸な人。その不幸な人に振り回されても意味がない。“精神的なお金持ちになれ”ということ。自分にないのであれば、気にしない。けれど、こうやって気にするということは、実はあなたの中に“冷たい”“人の失敗を喜ぶ”ところがあるのかもしれない。それであれば反対に、清い言葉や清いものをたくさん見る。お花、映画、音楽。またこの清い番組『おと語り』を聞くことが大事なのだと思います(笑)! みてください。この私のノーテンキさ。これが大事なのです。私は気にしない。そんなの気にしたところで、その人が私にご飯を食べさせてくれるわけでもない。無責任な発言は気にしないのです」

◆江原啓之 今宵の格言
「俯瞰できたら、自分の愚かさを笑える日が来ます」
「人の生き様はみな滑稽なものです。だから安心して歩むのです」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

TOKYO FM+

「江原啓之」をもっと詳しく

「江原啓之」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ