高齢ドライバーの運転事故対策、「お助け」グッズの費用と効果

6月30日(日)7時0分 NEWSポストセブン

高齢ドライバー問題とどう向き合う?

写真を拡大


 高齢ドライバーによる悲惨な交通事故が続発するなか、多くの「予防グッズ」が登場している。ここではそれらを5種紹介しよう。まず、年に7000件発生するブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止するのが「ペダルの見張り番」だ。


「アクセルを電子的に制御するシステムで、時速10km以下ならアクセルペダルを強く踏み込んでも急発進しなくなる。購入者の約8割が60代以上です」(開発したオートバックス社のIR・広報部)


 価格は工賃を含め3万2399円(税込、以下同)。今年5月の売り上げは前年同月比で26倍だという。


 同じく踏み間違い防止のためにナルセ機材が開発したのが、アクセル・ブレーキ一体型ペダルの「ワンペダル」。ペダルを踏むとブレーキ、足を右に傾けるとアクセルがかかる。特注品のため価格は18万3600円(+工賃)と値が張るものの、それでも半年待ちの人気だ。


「私自身の踏み間違い体験を元に、約30年前に開発しました。14年頃まで年数十台の売り上げだったが、ここ数年は年100台を超えています」(ナルセ機材の鳴瀬益幸・社長)


「居眠りウォッチャーひとみちゃんmini」(慶洋エンジニアリング、3万2184円)は、ハンドルに設置する赤外線センサー。ドライバーの瞼の動きや顔の向きを感知し、「居眠り」と認識すれば警報を出す装置だ。


 シンプルながら巻き込み事故やガードレール衝突などの予防に効果を発揮するのが、サイドミラー下に取り付ける「安全補助ミラー」。価格は1000円前後が多い。


 高齢ドライバー向けの自動車保険が、三井住友海上の「GK見守るクルマの保険」だ。GPSで高速道路の逆走を察知して警報を出すほか、ドラレコを貸与し危険運転を家族に知らせる。発売4か月で契約件数は10万件を突破した。


 自動ブレーキ搭載車に買い替えるには時間も費用も要するが、「後付け」なら導入のハードルは高くない。


※週刊ポスト2019年7月5日号

NEWSポストセブン

「事故」をもっと詳しく

「事故」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ