注目ワード木村拓哉・ドラマ 性犯罪・脱法サイト向け動画 小林麻央・放射線 西野亮廣・絵本 綾野剛・浅野忠信 2017冬ワイヤーネイル

BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

「生きるのに向いていないから」健康な24歳女性の安楽死が認められる!!=ベルギー

tocana6月30日(火)8時0分
画像:「生きるのに向いていないから」健康な24歳女性の安楽死が認められる!!=ベルギー
写真を拡大

 現在、世界において積極的安楽死(本人の自発的意思のもと、医師が自殺幇助すること)が認められているのは、ヨーロッパの数カ国や米国の一部の州に限られている。その中の1国であるベルギーでは、「生きるのに向いていない」という理由で死を望んでいる女性に対する安楽死が行われようとしているようだ。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/06/post_6713.html】

 6月19日付のベルギー紙「De Morgen」によると、今回複数の精神科医によって安楽死が承認されたのは、ラウラさん(仮名)という24歳の女性。安楽死と聞くと、末期症状などの"肉体的苦痛"から解放されるための手段というイメージが強いが、ラウラさんは健康に何の問題も抱えていない。ただし彼女は、幼少期から一貫して自殺願望が頭から離れないという"精神的苦痛"に悩まされてきたのだという。

 インタビューに応じたラウラさんは、この自殺願望には自身の生い立ちが少なからず影響を与えていることを認める。彼女の両親にとって、ラウラさんの誕生は予期せぬ出来事であり、酒癖の悪い父親からの虐待も相当なものだったという。そのため、祖父母に預けられて安定した環境の中で育ちはしたものの、彼女の自殺願望は一向に収まらなかった。

「苦しみのもとは、確かに子ども時代にあります。でも、穏やかで幸せな家庭で育っていたとしても、この自殺願望は変わらなかったでしょう」
「『私を必要としてくれる人がいるのかもしれない』『誰も傷つけたくはない』そんな考えから、今まで(自殺を)思いとどまってきました」(ラウラさん)

 21歳のころからは精神病院に通院し、同じような考えを持つ友人ができ、さらに演劇への興味も湧いてきたラウラさん。しかし彼女の「自分は生きるのに向いていない」という思いは、やがて確信へと変わり、死を決意するに至ったとのことだ。

「私の考えは、友達に宛てた手紙にほとんどしたためました」
「もう、すべての準備は整ったと思います」(ラウラさん)

 ラウラさんの安楽死は3人の精神科医によって承認され、この夏に決行される予定だという。ちなみにベルギーの成人には、医師が認める場合、精神的苦痛から逃れることを理由とした安楽死が許されており、昨年は性転換手術に失敗した女性(44)が実際にこの世を去っている。

 2002年、オランダに次ぎ積極的安楽死を合法化したベルギー。その後、条件付きながら未成年にも認められるなど適用範囲は拡大し、現在では1日に5人が医師の援助のもとで安楽死している状況にある。しかし、健康体であるにもかかわらず精神的苦痛を理由とした安楽死が行われることに対しては、根強い反対意見も残っているようだ。今回のラウラさんは、まだ24歳。生きてさえいれば、いつか命に意味を見出だせる時が来る——何とかそう信じることはできないのだろうか。

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「生きるのに向いていないから」健康な24歳女性の安楽死が認められる!!=ベルギー」の関連ニュース

注目ニュース
最初から片道切符だった。宇宙飛行を初めて行った犬、ライカにまつわる10の悲劇 カラパイア1月19日(木)20時30分
ライカ(1954年-1957年11月3日)は、ロシア(ソビエト連邦)が1957年11月3日に打ち上げた宇宙船スプートニク2号に乗せられたメ…[ 記事全文 ]
【衝撃】公園に突如出現した「スーパー巨大ワニ」に全米が震撼! トランプ氏も一発で腰を抜かすレベル!! ロケットニュース241月18日(水)20時26分
米国屈指のリゾート地、フロリダ州。マイアミビーチやデイトナビーチのほか、世界最大級のアミューズメントリゾート「ウォルト・ディズニー・ワール…[ 記事全文 ]
「もしかして…童貞?」女慣れしていない男をデートで見破る方法5つ Menjoy![メンジョイ]1月20日(金)21時0分
彼と初めてのデート。いつもの調子で行動しているはずなのに何かがヘン……。その違和感の正体はあなたのせいではなく、彼が“女慣れしていない”こ…[ 記事全文 ]
【恐怖】都内最強の「心霊スポット」と言われる橋に行ってみた / 驚きの光景に遭遇 ロケットニュース241月17日(火)10時0分
東京23区の中でベスト3の面積を誇る足立区。ビートたけしさんの出身地としても有名だが、ここには都内最強と名高い心霊スポットが存在する。[ 記事全文 ]
美人は得でブスは損? 「顔面格差社会」に議論勃発 R251月7日(土)11時0分
1月3日に放送された『好きか嫌いか言う時間新春から大激論SP』(TBS系)で、日本は見た目が重要な“顔面格差社会”であると伝えられ、ネット…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 最初から片道切符だった。宇宙飛行を初めて行った犬、ライカにまつわる10の悲劇カラパイア1月19日(木)20時30分
2 【衝撃】公園に突如出現した「スーパー巨大ワニ」に全米が震撼! トランプ氏も一発で腰を抜かすレベル!!ロケットニュース241月18日(水)20時26分
3 山田優、出産していた 小栗旬が2児のパパにモデルプレス1月21日(土)9時32分
4 美人は得でブスは損? 「顔面格差社会」に議論勃発R251月7日(土)11時0分
5 「もしかして…童貞?」女慣れしていない男をデートで見破る方法5つMenjoy![メンジョイ]1月20日(金)21時0分
6 ハムスターがカオナシに食べられにいく動画が話題に 口から出てるモフモフおしりが最高にかわいいねとらぼ1月20日(金)21時30分
7 これが一番いいニャ いろんなエリザベスカラーを試した猫、最後はカップ焼きそばに辿り着くBIGLOBEニュース編集部1月20日(金)16時56分
8 太陽が「真っ二つ」に割れ始めていることが観測写真で判明! 米政府も恐れる文明崩壊の危機か!?tocana1月15日(日)7時30分
9 【恐怖】都内最強の「心霊スポット」と言われる橋に行ってみた / 驚きの光景に遭遇ロケットニュース241月17日(火)10時0分
10 狩野英孝さん、17歳女子高生と「淫行疑惑」…記者会見で知りたい「法的ポイント」弁護士ドットコム1月20日(金)15時33分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア