米カジュアルレストラン「TGIフライデーズ」が東京・五反田に 映画をテーマに"独自"の空間演出

7月1日(金)7時0分 J-CASTニュース

映画をテーマにした内装(イメージ)

写真を拡大

世界60か国、900店舗以上を展開する米国発の世界最大級カジュアルレストラン、「TGIフライデーズ」が2016年7月1日、東京・五反田店(東京都品川区西五反田)をオープンささせる。同レストランは日本では、ワタミが運営している。

「きょうは花金」レストラン



ボリューム満点の料理やダイナミックなバーテンダーパフォーマンスなど、アメリカンテイストいっぱいのレストラン。店名は米国でよく使われる「Thank God It's Friday(サンク・ゴッド・イッツ・フライデー)」(今日が金曜日であることを神に感謝の意)に由来。これは略した「T.G.I.F.」が、「きょうは花金」などの意味で週末のビジネスマンの会話などにしばしば登場する。



日本国内の「TGIフライデーズ」はこれまで14店舗が展開。オフィス街・繁華街・住宅街を備える五反田地区に出店することでビジネスマンからファミリーまで幅広い顧客層を狙うという。元々映画館だった物件をいかして店内には映画に関する装飾を施し、従来の店舗とは異なる雰囲気を演出する。



メニューは米国産アンガスビーフ300gのサーロインステーキ「ニューヨークストリップ」(3870円、税抜=以下同)、オリジナルソースで絡めた200gのビーフパテをサンドした「ジャックダニエルズバーガー」(1690円)、綿菓子を使用したカクテル「ピンクパンクコスモ」(790円)など。

J-CASTニュース

「レストラン」をもっと詳しく

「レストラン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ