呼び寄せたのか?スイス人男性がミステリーサークルを描いた場所でUFOの目撃情報が相次ぐ(アルゼンチン)

7月2日(火)22時30分 カラパイア

no title
twitter@tripinargentina

 アルゼンチンでのUFO目撃情報は近年増加傾向にあるそうだ。もしかしたらそのうちのいくつかは、ある男性がかかわっているのかもしれない。

 ウェルナー・ジャイスリと名乗るスイス人の男性は、アルゼンチンのカチという小さな村を訪問し、2008年より地上絵を描き始めた。2012年にその絵を完成させた後、突如その行方が分からなくなっている。
・お告げに従いミステリーサークルを描いたスイス人男性

 その模様は幅48メートルの巨大なもので、中央には12個の角から成す星が描かれていた。星の回りには恒星とも呼べる星もいくつか描かれている。

 ウェルナー・ジャイスリと名乗るスイス人男性は「この模様を描けば、私たちはそこを訪れる」とテレパシーによるお告げを聞いたと証言していたという。

 このミステリーサークルは、UFOの離着陸場というわけだ。


・ミステリーサークル完成後、失踪した男性

 地元住民はミステリーサークルが描かれてから直ぐ村から男性の姿が消えたことに気付いたという。

 長い髭を蓄え、ドルイドに身を包んだ彼の行方はわかっていない。
2_e0
Werner Jaisli / Twitter

 ニュージーランドヘラルドの取材によると、周辺住民は彼が宇宙人に連れていかれたのではないかと危惧しているという。

 一説ではボリビアで同じような事を繰り返しているという話もあり、他の説では彼がスイスに戻ったのではないかと言われているが真相はまだわかっていない。

 彼はアルゼンチンの新聞「El Tribuno」に対してこう語っていたという:

2008年11月4日、私がメッセージを受け取ったその日、私は隣人のルイスと深夜パーティを開いていました。深夜パーティの最中、私たちの家は停電に見舞われました。

ルイスに対して私は直感的に「UFOの仕業だ」と伝え、その直後にカルチャキ川上空200メートルに眩い二つの閃光を目撃したのです。

光は固形の物体が中心にあるようで、まるで金属が燃えているようでした。心の中で私が「近づいてきてくれ」と唱えると、彼らはそれに従うように近づいてきたのです。

100メートル上空まで降りてきたUFOからスポットライトのような光を浴びた私は突然脳内に「離着陸場を作れ」というメッセージだけを受け取ったのです


・ミステリーサークル周辺にUFO目撃情報多発

 カチの村で彼が描いたミステリーサークル周辺は、他のアルゼンチンの地域と比べるとUFOの目撃情報が格段に上がっているという。

 またこの場所は、うわさを聞き付けたUFOを信仰する者たちのホットスポットとなった。

 2018年にはC5Nの早朝ニュース最中にアルゼンチン首都のブエノスアイレス上空でUFOが目撃された映像も残っている。ニュースキャスターがそのことに言及し、困惑する一幕も放送された。


Asi se vio un OVNI en el cielo de Buenos Aires durante Mananas Argentinas
 2019年5月7日にはブエノスアイレスの工場作業員が携帯で「黒い輪」を撮影し、証言によると彼は携帯で物体を撮影する前から直感的にUFOの存在を感じたという。


Workers See Black Ring UFO Over Argentina Recorded May 7, 2019, UFO Sighting News.

 多くのUFOを引き寄せたとされる謎の人物、ウェルナー・ジャイスリ氏はどこに行ってしまったのだろうか?

 果たして彼は本当に宇宙人からのメッセージを受け取っていたのだろうか?

References:Sightings of UFOs in Argentina continue after a Swiss man builds a landing pad and disappears / written by riki7119 / edited by parumo

カラパイア

「アルゼンチン」をもっと詳しく

「アルゼンチン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ