全長6mの大型恐竜が登場、ジュラシック・アドベンチャー

7月2日(火)10時45分 リセマム

恐竜の卵の中に入ってSNS映えする写真を撮ることができる

写真を拡大

ヒューマックスエンタテイメントが運営する「CROSPO(クロスポ)千葉浜野店」は2019年7月1日、「ジュラシック・アドベンチャー」をオープンした。全長6mの大型恐竜たちが潜んでおり、まるで恐竜の時代に迷い込んだような体験ができる。

 CROSPO(クロスポ)は、室内型の釣り堀や、トリックアートが施されたクライミング、トランポリン、卓球、カラオケ、VRなど、数多くのアトラクションが楽しめるスポーツエンターテイメント施設。屋内施設であるため、雨の日でも思いっきり体を動かしながら遊ぶことができ、暑い夏の日でも涼しい室内でさまざまなアトラクションを楽しむことができる。

 「ジュラシック・アドベンチャー」は、全長6mの大型恐竜たちが潜む新アトラクション。大型恐竜たちは頭や目など全身が動き、本物さながらの大きな鳴き声もあげるので、恐竜が太古の時代からよみがえったかのような迫力が楽しめる。恐竜の隣に設置された恐竜の卵はフォトスポットになっており、卵の中に入ってSNS映えする写真を撮ることができる。

 さらに、光と音で演出されたプロジェクションマッピングも登場。小さな子どもでも、リアルで少し怖い恐竜の世界を楽しめるよう、かわいらしい演出を加えているという。探検家の衣装を着たアバターを壁面上に作ることができ、恐竜の世界を自由に冒険できる。床に映し出された恐竜の化石を追いかけて踏むと、キラキラ光るグラフィックも楽しめる。

 入会金300円(1年間有効)。3時間の利用料金は、大人(会員)1,500円、大人(ビジター)2,000円、7歳から12歳1,100円、13歳から18歳1,200円。3歳以下は無料。4歳から6歳はフリータイム600円。なお、7月13日より利用料金の改定が行われる。詳細はWebサイトで確認できる。

リセマム

「恐竜」をもっと詳しく

「恐竜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ