「口説かれる=好き」なわけじゃない!? 男の本心は…

7月8日(月)20時45分 All About

口説かれると、「私、好かれているかも!」とモテていると思ってしまう人がいます。でも、相手の男性は本当にあなたのことを好きで口説いているのでしょうか。実はそれ、勘違いかもしれませんよ?

写真を拡大

「口説かれる=好き」は勘違い

男性から口説かれると、「私、好かれているかも!」と思ってしまう人がいます。でも、それ、勘違いかもしれませんよ?

特に出会って間もないのに、男性が女性を口説くときは、相手が好きなのは「自分」に過ぎないこともあります。

単に「相手の気を惹きたい(自分の思い通りにしたい)」「自分の魅力を確かめたい」という人もいるし、「H目的に過ぎない」パターンだってあります。

ポイントは、相手はあなたの何を知って、好きだと言っているのか?ということです。

例えば、ルックスや若さ、職業など、分かりやすい魅力で相手が寄ってくる場合、相手の本心は、「相手の存在は、自分に役立つから、好き」「自分にちょうどいいから好き」というパターンが多いもの。
それは、厳密にいえば「相手を好き」なのではなく、「自分を好き」だということです。

そんなことをいうと、中には「でも、気に入っていないのに、口説いたりはしてこないでしょ?」と思う人がいるでしょう。もちろん相手を好ましいから口説いています。ただ、その「好き」は、愛ではなく、敢えて例えるならば、「物に対する好み」に近いものです。

「このソファーの形がかっこいいから欲しい」
「ちょうどいいサイズの花瓶が欲しかったから、GETしたい」
「これを持っていたら周りから羨ましがられるから、自分のものにしたい」に似たレベルです。

それは、物を<愛している>のではなく、自分を快適にするために<欲している>に過ぎません。だから、何度もいうように、そこにあるのは自己愛なのです。

では、相手が自分のことを本当に好きなのかを知るためには、どうしたらいいのでしょうか?

相手男性の「好き」は、本当の意味の好き?

相手が自分のことを本当に好きなのかを知るためには、どうしたらいいのでしょうか。

例えば、下記のことを見てみるといいでしょう。

・相手は自分の性格をある程度、理解している上で、口説いているのか。
・口説かれたときにすぐになびかなくても、相手は好きでい続けてくれるか。
・相手の言葉に行動は伴っているのか。

単に女としてだけではなく、「人として好き」だと思ってくれているか、はポイントです。

男性は特に、Hをさせてくれる可能性があれば口説く人は多いもの。ある意味、タダでHをさせてくれるだけで、メリットがあるのです。だからこそ、究極なことをいえば、そんなメリットがなくても好きでいてくれるのか、というのは、とても重要なポイントなのです。

女性の中には、「Hをしてから愛を育むから、大丈夫!」と思う人もいるでしょう。でも、個人差はありますが、男性の恋愛感情のピークは、初Hをするときだという人が多いもの。現実的に、Hをすればするほど、男性の気持ちは落ち着いてくるのに、女性の方がむしろ気持ちが高まることが多いのです。

だから、関係が始まった頃に、ある程度、お互いに愛情がないと、何か2人の関係で不都合なことが起こると、相手を許すよりも別れを選択してしまう可能性は高まります。

物で例えるなら、あまり愛着のない物にちょっとした不具合が出てきた場合、修理するのではなく、さっさと捨てて、新しいのを見つけようとするのと同じです。それで、短期間で恋愛が終わってしまうカップルは少なくありません。

薄っぺらい恋愛ばかりを繰り返すと、心をすり減らしてしまいますよ?

ただ、ここで誤解をしてはいけないのは、男性がそこまで愛情がないのに女性を口説いているとき、決して騙そうとしているパターンばかりではないということです。だからこそ、厄介ともいえます。

男性も騙そうとしているわけでもない!?

男性がそこまで愛情がないのに、相手を口説く場合、決して騙そうとしているパターンばかりではありません。

実は、口説いている方も、自分がきちんと人を好きになっていないことに気付いていないケースが多いのです。それくらい「人を愛する」はどういうことなのか?を分かっていない人が多いのが現状です。

これは、男性に限らず、女性も然りです。男性のルックス、社会的地位など、上っ面の条件ばかりで選んでいる人は、「自分の都合のいい人を選びたい」だけであり、相手へ愛情があるわけではありません。

ただ本人は、「相手が自分にとって都合がいい=好ましい→相手を好き」だと勘違いしていることが多いのです。でも、そこにあるのは、自分に向けた愛です。

そういう人が恋愛をしたらどうなるのか?というと、相手を自分の思い通りに動かそうとします。自分の理想を押し付けたり、自分の都合に相手を合わせようとしたりするのです。その結果、余程、相手が我慢強いタイプではない限り、関係は終わることが多いでしょう。

結局、相手にばかり本当の愛を求めていても、自分がそれをきちんと理解していなければ、相手の気持ちが本物か否かなんてものは、分からないものです。だから、まずは自分が愛をきちんと理解することが大事です。

ただ、元も子もないことをいってしまうと、たとえ愛を分かっていても、相手の本音なんてものは、最終的には本人にしか分からない、ともいえます。

だから、もし口説かれた場合は、「相手が自分のことを好きだというから、関係を深めた」なんて受け身ではなく、自分もちゃんと相手を好きになってから関係を始めた方がいいのです。そうしたら、結果的に自分の行動にも自分で責任をとれますよね?

男性の口説き文句にひっかかって、遊ばれてしまったとき、「相手に騙された!」なんて被害者ぶっている女性は、正直、大人としてかっこよくありません。そんなときは、単に受け身でいるのではなく、自分にも「相手を見る目はあったのか」「ちゃんと相手を選んだのか」ということを省みるのは重要です。

結局、口説かれて騙されてしまう人は、相手をきちんと見られていなかったパターンも多いもの。「自分が相手にどう思われているか」ばかり気になっているから、褒められたり、好きだと言われたりすることで、舞い上がってしまうのです。

つまりお互いに自己愛を持って、相手と接しているので、ある意味、似た者同士ともいえます。

だからこそ、相手に愛されることばかり望むのではなく、自分も相手を愛すること、さらに、口説かれても、受け身ではなく、能動的に相手と付き合うかどうかを決められる人になりましょうね。
(文:ひかり(恋愛ガイド))

All About

「勘違い」をもっと詳しく

「勘違い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ