コンビーフ好き歓喜、野崎コンビーフ型トートバッグが販売中

7月8日(月)18時30分 カラパイア

can1
image credit:Geodesign

 さまざまな料理に使えて便利な塩漬け肉の缶詰、コンビーフ。マヨネーズや醤油をかけるだけでもおいしいし、ズボラ飯にぴったりなんだ。

 そんなコンビーフの国産第1号として発売されたのが、ご存じ「ノザキのコンビーフ」である。

 堂々たる牛のイラスト入りパッケージはなんだかレトロで見るからにうまそうだが、これがデザインそのままでっかくなってミニトートバッグに!

 コンビーフを持ち歩く際にはもちろん、ちょっとしたサブバッグに、お弁当バッグにといろいろ活躍してくれるかもしれない。




・「ノザキのコンビーフ」がでっかくなってミニトートバッグに!

can2
image credit:Geodesign

 缶詰と同じ台形型をした「ノザキのコンビーフ」のミニトートバッグ。まさに缶詰が大きくなったかのようなビジュアルで、中にたっぷりとコンビーフが詰まっていそう!

 内側には大きめのポケットが付いており、スマホなどを収納可能。しっとり感のある人口皮革となっており、高級感が漂っている気もする。

 底面が広いためお弁当箱を水平なまま持ち運ぶことができ、お弁当バッグにもぴったりとのこと。

can3
image credit:Geodesign

・お揃いデザインの缶詰ポーチをゲットすればコンビーフ感アップ

 本体サイズは幅260mm、奥行170mm、高さ330mm、価格は4104円(税込)。

 姉妹品としてほぼ原寸大サイズの缶詰ポーチも販売されており、そちらとペアで持てばさらにコンビーフ感がアップ!

 ただ、ミニトートバッグもポーチも残念ながら現在品切れのようだ。欲しい人は再入荷お知らせメールを登録して気長に待とうそうしよう。

can4
image credit:Geodesign

 ちなみにコンビーフの缶詰が台形(枕缶)なのは、面積が大きい側から肉を詰めることで缶の中の空気を抜いて肉の酸化を防ぎ、保存性を高める効果があるからなのだそうだ。

 何気なく台形なわけじゃなくてちゃんとおいしさのための工夫が凝らされているんだね。

References:ノザキのコンビーフ/ Geodesignなど / written by usagi / edited by parumo

カラパイア

「コンビーフ」をもっと詳しく

「コンビーフ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ