AIが好みの香りを最適な時間に噴射  AI搭載アロマディフューザー「Scentee Machina」

7月8日(月)11時35分 OVO[オーヴォ]

 ストレスを軽減したり、気持ちを落ち着かせたりする効果がある“香りのセラピー”アロマ。せっかくアロマディフューザーを買ったけど、ついつい使うのを忘れてしまっている、なんて人も多いのでは? 寝る前や読書をしている時にアロマを使えば、いい気分転換にもなるはず。セットするのがちょっと面倒〜という人は、AIが搭載された最新商品を買ってみる?

 プラススタイル(東京)は、スマホアプリと連携してお気に入りの香りを噴霧できるAI搭載のアロマディフューザー「Scentee Machina Quattro」を発売した。好みの香りを楽しむことができるのは通常のディフューザーと一緒だが、 Quattroという商品名通り4本のボトルを設置できるのが特徴。そして過去の使用履歴から、AIが好みの時間帯に好みの香りを自動で噴霧してくれるという!

 香りが届く範囲は約20畳と広く、選べるフレーバーもオリジナルの12種類。チョコレート、バニラ、レッドワインといった食べ物系から、ベッドルーム、石けん、そして王道のサンダルウッドやヒノキ(サイプレス)まで。あなたのベスト4を選んで、好きなシーンで使い分けよう。アプリ「Scentee」を使うと、噴霧時間を設定したり香りを変更したりできるほか、香りの強さの調整、ONとOFF、そしてフレグランスボトルの残量もチェックすることができる。

 帰宅前から「今日はどの香りにしよう?」と、家に帰るのが楽しみになるかも? 自然系を集めた「Natural Beautyセット」や、夏を感じることができる香りのセット「Summer Vacation」(ともに本体付き、税込み9万9,058円)などがある。

 なお、1本のボトルを設置できるタイプの「Scentee Machina UNO」(税込み3万2円)もある。

OVO[オーヴォ]

「アロマ」をもっと詳しく

「アロマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ