高島礼子と高知東生の想像以上だった“深い結びつき”! 周囲が必至で「離婚」を説得も…

7月9日(土)7時0分 tocana

※画像は、『極道の妻たち 地獄の道づれ』(TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D))

写真を拡大

 元俳優高知東生容疑者が覚醒剤取締法違反、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。しかもラブホテルで女性と一緒に寝ていたところを現行犯逮捕されたとあって、妻の女優高島礼子との離婚は待ったなし! と言いたいところなのだが、高島本人は離婚を望んでいないという。ただ周囲の説得は続いており、激しい“攻防戦”が繰り広げられている。

 高島は夫の逮捕から1週間がたった6月30日、ついに会見を行い、何度も涙を流しながら謝罪した。高知容疑者がクスリをしていたことは知らず、まったく異変にも気付かなかったとした上で、自身も高知容疑者を逮捕した厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部から事情聴取、さらに尿検査を行ったことまで明かした。

 会見において、大きな焦点の一つだったのが、高知容疑者との離婚問題だ。クスリに浮気と二重に裏切られたとあって、とても夫婦関係を続行するのは不可能とみられていた。

 さらに「今後も女優という仕事をするのならば、高知容疑者と婚姻関係を続けていくのは、事実上不可能。あまりにもイメージが悪い。高島が今後活躍するには離婚が最低条件だ」とは、広告代理店関係者。

 現在高島は京都で、テレビ朝日系連続ドラマ「女たちの特捜最前線」(7月21日スタート)の撮影中だ。高島は主演、さらに婦人警察官役とあって、放送中に夫が警察に勾留されているのはあまりにも都合が悪い。だから こそ一刻も早い離婚が、関係者一同から望まれているのだ。

 だが高島本人の気持ちは、まだ離婚に積極的ではない。それどころか、できるならば離婚を回避したいと考えているという。

「これまでも高知は何度も女性問題などを起こしてきたが、高島は水に流してきた。できれば今回もそうしたいと願っている。逮捕される前もまったく仲が悪いということはなく、むしろ夫婦関係は良好だった。高島と高知の2人には、何か他人にはうかがい知れないような深い結びつきを感じる」と芸能プロ関係者。

 だが、高島の周囲としてはたまったものではない。所属プロダクションの太田プロや高島の仕事に関わっている人たちは、とにかく“離婚”というのが総意だ。

「みんな揃って絶対に離婚しなければならない、 と高島に話しています。さすがの高島も周囲の声は無下にはできず、渋々離婚に同意させられそうです」とテレビ局関係者。

 高島は会見でも、揺れる気持ちを明かしていた。「(高知容疑者が)ちゃんと更生して人生やり直すか、見極めたいとも思います」と離婚に消極的な姿勢を見せたかと思えば、「私を支えてくださる大勢の方がいまして、その方たちを私が裏切ったり悲しませたりとか、そういうことだけは絶対にしたくないです」とした上で、離婚も視野に入れているとした。

 高島の離婚問題に結論が出るまで、もうしばらく時間が掛かりそうだ。

※画像は、『極道の妻たち 地獄の道づれ』(TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D))

tocana

「高島礼子」をもっと詳しく

「高島礼子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ