体質づくりでダイエット不要な体に!太りにくいカラダの作り方を紹介!

7月10日(水)17時30分 yummy!

同じものを同じ量だけ食べても、すぐに太ってしまう人と、全然体重が変わらない人がいるのはなぜでしょうか?
答えはズバリ“体質”。代謝のいい人は、食べたものをエネルギーとしてどんどん消費してしまうので、脂肪に変わる暇がないのです。
今回は、代謝のいい体づくりをするための方法をまとめてみました。健康のためにも、ぜひ習慣づけましょう。

痩せやすい体づくり習慣■筋肉をつける


筋肉といっても、ボディービルダーのようなムキムキになれというわけではありません。人間の体は、筋肉を使うたびに脂肪が燃える仕組みになっているので、ある程度の筋肉がついていないと代謝が悪くなってしまうのです。
効率よくをつけるには、無酸素運動が有効。筋力トレーニングや短距離走に励みましょう。
筋肉がついてくると、寝ている間も脂肪を燃やしてくれるので痩せやすい体質になります。
余裕があれば、無酸素運動で筋力を高めたあとで有酸素運動(ジョギングや水泳など)も取り入れるようにすると、より脂肪が燃えやすくなって効果的です。
どちらの場合も、頑張りすぎは逆効果なので、1日30分程度、体が心地よいと感じる程度でやめておきましょう。

痩せやすい体づくり習慣■代謝を上げてくれるものを食べる


食材の中には、食べるだけで代謝を促してくれる便利なものがあります。ここで紹介するものを、毎日の食事にぜひ取り入れてみてください。
<体を温める食材>
体を冷やすと内臓のはたらきが鈍り、代謝機能が低下します。体を温める食材を食べて、内臓を守りましょう。
トウガラシ、生姜、ねぎ、玉ねぎ、にんにく、ニラ、かぼちゃ、さつまいも、アーモンド、ゴマなど。
<筋肉のもとになる食材>
筋肉のもととなるたんぱく質を作り出す、アミノ酸をとることで、運動の効果を高めます。
肉類、魚介類、乳製品、大豆、落花生など。
<消化するときにたくさんのエネルギーを必要とする食材>
食べるだけで多くのカロリーを消費してくれる食材を取り入れて、効率よくダイエットしましょう。次に挙げる野菜は、もともとカロリーも低いのでダイエットにはうってつけです。
アスパラガス、ブロッコリー、ズッキーニ、レタス、セロリなど。

痩せやすい体づくり習慣■基礎代謝を上げれば、痩せやすく太りにくい体になれる


「基礎代謝」とは、簡単に説明すると、人間が生きていくために必要なエネルギー消費量のことです。このはたらきがうまくいっているからこそ、臓器がきちんとはたらいて生命を維持することができるのです。
をつける、しっかり睡眠をとる、体を温めて血行をよくする、肺活量を増やすという生活習慣がとても有効なので、適度に運動を取り入れながら、規則正しい生活を送るようにしましょう。
代謝を促す成長ホルモンのはたらきを活発にするため、夜10時までにベッドに入ることも大切です。
痩せやすい体質になると、じっと本を読んでいるだけでもどんどん脂肪が燃焼されるようになります。おいしいものも我慢しなくていいし、つらいに励む必要もないなんて幸せですよね。
規則正しい生活は、慣れてしまえば気持ちいいもの。さっそく今日から、基礎代謝を上げる習慣を始めてみましょう。
(yummy!編集部)

公開日:2016年6月23日
更新日:2019年7月10日


関連記事(外部サイト)

yummy!

「ダイエット」をもっと詳しく

「ダイエット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ