年齢や3サイズなんてただの記号?女性をスペックでしか見れない男性の特徴

7月10日(水)7時30分 yummy!

「女性は30過ぎたら子供産むの大変……」「自分より年下の女性じゃないと嫌」「胸は大きく、くびれのある女性がいい」など、恋活や婚活を繰り返していると、女性を数字、記号でしか見られない男性に遭遇します。
そもそも、カップリングや結婚生活にはフィーリングが重要です。逆に、数字や記号にこだわっている人ほど、結婚が遅くなる男性も多い気がします。
そこで今回の記事では、女性を数字や記号でしか見ることのできない男性の特徴についてご紹介します。

世間体が気になる、プライドが高い


プライドが高く、世間体を気にしている人は、恋人や配偶者に「連れて歩いて自慢できる人」を選びがち。そのため、女性を選ぶ時は、スリーサイズ、年齢で判断します。
また、理想に反する女性を目の前にすると「結婚するなら自分より年下がいい」「その年齢だと、結婚する時に危険な子供が産まれる確率が高くなるから嫌」などと失礼な発言を平気にするなんてことも。
とくに男性の親がうるさい場合、女性を親が年齢で判断する可能性があります。たとえば1人っ子、長男の場合は跡取りが必要だからです。30代以降の女性の場合は、親を紹介された時点で縁談がなくなる可能性があるので、早いうちに会わせてもらいましょう。

高学歴、営業マン


高学歴の男性は、テストの点数で人生を競ってきた人が多いため、恋活や婚活でもその人の年齢、学歴などをチェックしがち。
また、高年齢で婚活している女性に対して「なんでその歳まで結婚しなかったんですか?」と失礼な質問を振ってしまうなんてことも少なくありません。しかし、これは彼にとって決して失礼なのではなく、疑問に思ったことは何でもその場で解決したいという高学歴ならではの発想です。
さらに営業マンの場合も、数字がものをいう社会です。また見えっぱりな人も多く、パートナーはみんなに自慢できる人を選ぼうとします。

自分に自信がない


自分に自信のない男性ほど、実は高値の華に目がいってしまいがち。その理由は、自信のなさをパートナーの魅力で補おうとするからです。さらに、自信のない男性ほど、数字や記号など明確なもので人を判断してしまいがち。
筆者も、過去に婚活で何人科の人と遭遇してきましたが、低年収の男性ほど女性の年齢やで判断する傾向がありました。また、低年収の男性の場合は女性の年収もチェックする人が多いです。共働きじゃなければ生活ができないからです。

女性は25歳以下、20代じゃないと嫌


40、50、60過ぎてもなお未婚の男性がいます。彼らに誰かを紹介しようとすると、必ず女性の年齢を確認します。
そこで30代の女性を紹介しようとすると「なんだ、20代じゃないのか」「25歳以下じゃないと嫌」など、駄々をこねるのです。恐らく、彼自身も20代で時が止まっているのかもしれませんね。

まとめ


女性を記号で見がちな男性には、以下のような特徴があります。
・プライドが高い
・自己評価が低い
・営業マン
・低年収(この場合は、女性の年収をチェックしている可能性がある)
・高学歴
・20代で時が止まっている

逆を言えば、いくつになってもいい仕事をして心とお金に余裕がある男性は、何度も結婚しています。また、1人の人とずっと幸せに暮らしています。このご時世、心とお金の安定した男性は少ないかもしれませんが、だからこそ日々を楽しんで充実させることが、素敵な縁を引き寄せる秘訣なのかもしれませんね。
また、恋活、婚活中の女性は、男性から年齢やスペックなどで心無い言葉を浴びせられても気にすることはありません。必ず、一生懸命行動してさえすれば、あなたの内面を理解してくれる男性は現れるはずです。
(みくまゆたん/ライター)

yummy!

「年齢」をもっと詳しく

「年齢」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ